注目のコレクション

  江戸東京博物館

go東京都写真美術館   go東京都現代美術館   バックナンバー

  • 名所江戸百景 玉川堤の花
    歌川広重/画
    1856年(安政3年)

     江戸の街づくりにとって、水の確保は重要な課題だった。幕府は江戸時代初期に神田上水を整備するが、それだけでは江戸の全域に水を供給するには不十分であった。そこで新たな水源に選ばれたのが、水量豊富な多摩川である。1654年(承応3年)に完成したと伝えられる玉川上水は、多摩川中流域の羽村の取水口から武蔵野を43キロにわたって横切り、江戸市中に水を届けた。
     玉川上水は、生活に必要な飲料水とともに、行楽の地も人々に提供した。例えば、小金井周辺の玉川上水沿いには、江戸時代中期の元文年間頃に植えられた桜並木が「小金井桜」として名所記などで紹介されて評判を呼び、江戸を代表する名所となった。
     これにあやかってか、甲州街道沿いの内藤新宿(現在の新宿2丁目付近)でも、上水が地下水路の暗渠となる直前の場所に桜が植えられた。1856年(安政3年)2月のことである。
     本資料は、その桜と花見客を描いた錦絵で、桜の植樹と同年同月に出版された。恐らくは、新名所が誕生する前から制作に取りかかり、最新の観光スポットの宣伝広告の役目を担ったのだろう。広重はこの光景が誕生する前に、脳裏に浮かべた「幻の名所」を描いたのであった。
     なお、この桜は翌3月に撤去を命じられ、姿を消す。僅か1か月で潰えたという点でも「幻の名所」であった。
    (資料番号:83200042)

  • 刺子火事袢纏(さしこかじばんてん)
    江戸末期〜明治初期

     江戸の町はとにかく火事が多かった。大名火消や旗本で組織された定火消(じょうびけし)など、数ある消防組織の中でもよく知られているのが町火消である。享保3年(1718年)、町奉行大岡越前守忠相の命により、町人による火消組織が整備され、町火消組合として確立した。
     当時の主な消火方法は、火元より風下の家屋を倒して延焼を防ぐ破壊消防だったため、まさに命がけの仕事だった。自らの命の危険を顧みず、人々のために消火に励む火消人足たちは江戸の人気者となっていった。今回紹介するのは、それらの火消たちが着用していた防火着の刺子袢纏である。
     木綿地に細かく刺し縫いをした生地は丈夫で吸水性が高く、裏表両面に文様が入ったリバーシブル仕様になっている。表地は藍地に煉瓦くずしと呼ばれる格子に似た文様で、裏地は能の「石橋(しゃっきょう)」を題材に、3匹の唐獅子と一面に咲き乱れる牡丹が描かれている。
     このように火事袢纏は、表地に無地や地味な柄を配し、裏地には武者絵や竜虎図といった、力強く豪快な文様を描いたものが多い。火消たちは、消火作業のときは袢纏の表地が見えるように着用したが、一説によると、無事に鎮火した後は袢纏を裏返し、豪華絢爛な文様を見せながら引き上げたという。命をかけて仕事をした男の心意気を、人々に印象付けたのだろう。
    (資料番号:89200283)

  • ざるかぶり犬

     「こどもが健やかに成長しますように」。そんな願いが込められた「犬張子」とは、和紙を用い、犬の形を模した張り子で、江戸を中心に作られた玩具である。
     起源は平安時代の狛犬にあるといわれる。宮中で狛犬を身の汚れや災いを取り除くお祓いの道具として用いた。室町時代には上流階級の間で張り子の「御伽犬(おとぎいぬ)」を産室に飾る風習があった。御伽犬は「犬筥(いぬはこ)」、犬張子とも呼ばれ、顔は幼児、体は犬に似せて作られた上下二つに分かれる箱型の置物。雌雄一対で、中に化粧道具や安産の守り札などを入れ、魔よけとして用いた。
     そして江戸時代、江戸を中心に各地で、犬の立ち姿を模した犬張子が作られるようになった。犬はお産が軽い動物というところから、安産祈願のお守りや、子供の健やかな成長を願う宮参りなどと結びついていった。
     本資料では犬張子がざるをかぶっている。ざるは水を通すことから、子供の鼻の通りをよくするまじないとして信じられていた。また、ざるは竹から出来ていることから「犬」の字に「竹」をのせると「笑」の字になるといい、江戸の粋な洒落が感じられる。
     「7歳までは神のうち」とも言われたように、幼い子供は力が弱く、魂が不安定な存在と考えられていた。医学が発達していなかった時代、さまざまな行事やまじないを通して、子の安らかな成長を祈った。数多くの風習は深い親心とともに、今も変わらず息づいている。
    (資料番号:88001937)

  • 上野動物園案内
    東京市/発行
    1925年(大正14年)

     常磐の緑いや深き/上野の丘の清水谷/木の下蔭をわけ行きて/動物園に遊ばんか―と始まるのは1907年(明治40年)につくられた動物園唱歌。歌詞に沿って歩けば動物園をひと巡りできる趣向で、52番までつづく。
     上野動物園は1882年(明治15年)、国立博物館の付属動物園として開園。その後、農商務省から宮内省への移管を経て1924年(大正13年)、昭和天皇ご成婚記念に東京市に下賜された。これはその翌年に発行された小冊子である。動物園唱歌に同じく、園内を一巡する要領で動物たちを紹介する。表紙を飾るのは前年に初来園した黒猩々(チンパンジー)であろうか。
     オウムに獅子(ライオン)、カンガルーと、本書にはさまざまな動物が登場する。「幼年で至って可愛らしい」インド象はジョンとトンキーだ。残念ながら、後に戦中猛獣処分の対象となり、43年(昭和18年)に2頭は餓死した。絶食処置がとられる中、餌をもらおうと懸命に曲芸をしたトンキーの話をご存じの方も多いだろう。
     幼い象が園内を散歩すれば、大喜びの子どもたちがぞろぞろとついて歩いたという。この頃、曲芸指導のためにインド人の象使いを雇ったが、実は、すすで顔を黒く塗ったロシア人で、警察に連行されるという珍騒動も起きた。
     当時の動物舎は、そのほとんどが昭和初年の大改造で姿を消す。それから90年。動物園は現在も上野の緑の傍らで、多くの観覧者を楽しませている。
    (資料番号:87503705)

  • The House at Pooh Corner(プー横町にたった家)
    A. A. ミルン/作
    1928年

     1932年(昭和7年)5月15日、犬養毅首相は、首相官邸に押し入った海軍青年将校らの凶弾にたおれた。世にいう5.15事件である。
     その翌年のクリスマス、犬養家に1冊の洋書が届いた。贈り主は犬養毅の二男健(たける)の親友で英留学から帰国した西園寺公一(きんかず)。本には彼のサインと「パゝカ、マゝカ、ミッチャンニ、ヨンデオイタダキナサイ」とのメッセージが記されていた。この本を贈られたのは、健の長男康彦さん。「ミッチャン」は康彦さんの姉でのちに評論家となる犬養道子さんである。
     当時犬養家には、女子大生だった石井桃子さんが、菊池寛の紹介で毅の膨大な漢籍の蔵書整理のアルバイトに来ていた。石井さんは子どもたちにせがまれ、この本を読み聞かせた。石井さんは読んでいるうちに、魔法にかかったように物語の世界にはまりこんでいったという。
     犬養健は、はじめ白樺派の作家だったが、最晩年の父を支えて政治家になった。近衛文麿内閣では、西園寺公一とともに近衛のブレーン「朝飯会」(水曜会)のメンバーだった。昭和16年のゾルゲ事件で、2人は尾崎秀実とともに連座して起訴された。
     石井桃子さんはその後、この物語を書店で見つけて翻訳、昭和15年に「熊のプーさん」、翌々年に「プー横町にたった家」を出版した。これが石井さんの児童文学者としての第一歩となった。戦時下の暗い時代、子どもたちは「プーさん」をむさぼり読んだ。しかしやがて戦争が激しくなると、敵性国家のものとして絶版になった。その後、戦後の混乱をへて「プーさん」の出版は再開され、今なお多くの子どもたちに読み継がれている。
     邦訳「プーさん」誕生の裏には、激動の昭和史があった。
    (資料番号:02000533)

  • 東京大空襲被災品
    1945年(昭和20年)3月10日

     ベルトが失われた腕時計、くっついた3枚のコイン、3種の鍵に細い鎖、学校の制服のボタン……。
     これらは小さな紙製の箱に収められていた。箱のふたには、1945年(昭和20年)の「三月九日夜東京市大空襲」によって、一家全滅した兄の長男の遺品が入っているとある。
     実際には10日未明に始まった東京大空襲で被災した品々だ。グアム、サイパン、テニアン島から飛来した米軍B29爆撃機の大編隊が大量の焼夷弾と爆弾を投下し、下町を焼き尽くした日から75年になる。
     群馬県の縁者が空襲後のまだ煙がくすぶる中を、現在の江東区常盤に居住していた兄の家を訪れ、遺体を確認し、荼毘に付した後に遺品として持ち帰った。
     腕時計は針が残っているものの、ガラスが溶けてしまっている。また3枚のコイン類もひとつの塊のようにくっついてしまい、いずれの品も空襲時の熱のすさまじさを伝えている。制服のボタンは「兄の長男」が着用していたものと思われ、当時10歳代半ばだった彼の無念さが伝わってくる。それを見つけた縁者の無念さもいかばかりであっただろうか。その後、縁者はこれら遺品を見せながら、自らの子どもに東京大空襲や戦争の悲惨さを話したという。
    (資料番号:05004810〜19)

ページTOPへ▲