歴史的建造物

  和風建築

go和風建築   go洋風建築  

全20件中 1〜20件を表示しています < 1 >

奄美の高倉
奄美大島にあった高床式の倉庫です。湿気や鼠の害から穀物を守るために、建物本体を地面から高くあげています。このような高床式の建物は、東京都の八丈島などにも見られま...
go詳細を見る
会水庵
宗偏流の茶人、山岸宗住(会水)が建てた茶室です。1957年(昭和32年)、劇作家の宇野信夫が買い取り、西荻窪に移築しました。本畳三枚と台目畳一枚からなる三畳台目...
go詳細を見る
鍵屋(居酒屋)
台東区下谷の言問通りにあった居酒屋です。震災・戦災をまぬがれた鍵屋は、1856年(安政3年)に建てられたと伝えられています。建物と店内は1970年(昭和45年)...
go詳細を見る
川野商店(和傘問屋)
傘づくりが盛んであった江戸川区小岩に建てられた和傘問屋の建物です。内部は1930年(昭和5年)ころの和傘問屋の店先の様子を再現しています。
go詳細を見る
旧光華殿
1940年(昭和15年)に皇居前広場で行われた紀元2600年記念式典のために仮設された式殿です。1941年(昭和16年)に小金井大緑地(現在の小金井公園)に移築...
go詳細を見る
旧自証院霊屋
尾張藩主徳川光友の正室千代姫が、その母お振りの方(三代将軍徳川家光の側室)を供養するために建立した霊屋です。この建物は東京都の文化財指定を受けています。
go詳細を見る
子宝湯
東京の銭湯を代表する建物です。神社仏閣を思わせる大型の唐破風や、玄関上の七福神の彫刻、脱衣所の格天井など贅をつくした造りとなっています。
go詳細を見る
小寺醤油店
大正期から、現在の港区白金で営業していたお店です。味噌や醤油、酒類を売っていました。庇の下の腕木とその上の桁が特徴の<出長桁造り>がこの建物のみどころです。
go詳細を見る
仕立屋
明治初期に現在の文京区向丘に建てられた<出桁造り>の町家です。内部は大正期の仕立屋の仕事場を再現しています。
go詳細を見る
高橋是清邸
明治から昭和のはじめにかけて日本の政治を担った高橋是清の住まいの主屋部分です。総栂普請で、洋間の床は寄木張りになっています。2階は是清の書斎や寝室として使われ、...
go詳細を見る
伊達家の門
旧宇和島藩伊達家が大正時代に東京に建てた屋敷の表門です。<起り屋根>の片番所をつけるなど、大名屋敷の門を再現したような形をしています。総欅造りで、門柱の上に架け...
go詳細を見る
綱島家(農家)
多摩川をのぞむ台地上にあり、広間型の間取りを持つ茅葺きの民家です。広間をかこむ長方形断面の大黒柱や、押し板という古い形式の板などから、建物の歴史が感じられます。
go詳細を見る
天明家(農家)
江戸時代、鵜ノ木村(現在の大田区内)で名主役を勤めた旧家です。正面に千鳥破風をもつ主屋・門長屋・枯山水庭園などに高い格式がうかがえます。
go詳細を見る
西川家別邸
北多摩屈指の製糸会社を設立した実業家西川伊左衛門が隠居所及び接客用に建てたものです。多摩地域の養蚕・製糸業が最盛期をむかえた時期(大正期から昭和期)に建てられ、...
go詳細を見る
八王子千人同心組頭の家
八王子千人同心は、江戸時代、八王子に配備された徳川家の家臣団です。拝領屋敷地の組頭の家は、周辺の農家と比べると広くありませんが、式台付きの玄関などは、格式の高さ...
go詳細を見る
前川國男邸
日本の近代建築の発展に貢献した建築家前川國男の自宅として、品川区上大崎に1942年(昭和17年)に建てたられ住宅です。戦時体制下、建築資材の入手が困難な時期に竣...
go詳細を見る
万徳旅館
万徳旅館は、青梅市西分町の青梅街道の南側にあった旅館である。建てられたのは、江戸時代末期から明治時代初期と推定される。構造は、木造二階建て、屋根の形は切妻、屋根...
go詳細を見る
三井八郎右衞門邸
港区西麻布に1952年(昭和27年)に建てられた邸宅です。客間と食堂部分は、1897年(明治30年)頃京都に建てられ、戦後港区に移築されたものです。また、蔵は1...
go詳細を見る
大和屋本店(乾物屋)
大和屋本店は、港区白金台の通称目黒通り沿いにあった木造3階建ての商店である。3階の軒下は何本もの腕木が壁に取り付き出桁と呼ばれる長い横材を支える出桁造りという形...
go詳細を見る
吉野家(農家)
江戸時代後期に建てられた民家です。吉野家は江戸時代に野崎村(現在の三鷹市野崎)の名主役を務めた家といわれ、式台付きの玄関や付け書院のある奥座敷に格式を見ることが...
go詳細を見る

前のページへ戻る
< 1 >

ページTOPへ▲