歴史的建造物

  和風建築

go和風建築   go洋風建築   go土木建造物

全35件中 1〜20件を表示しています < 1 | 2 >

奄美の高倉
奄美大島にあった高床式の倉庫です。湿気や鼠の害から穀物を守るために、建物本体を地面から高くあげています。このような高床式の建物は、東京都の八丈島などにも見られま...
go詳細を見る
いせ源本館
角地にあって塀もないため、通りからよく見え、ランドマークになっている
go詳細を見る
会水庵
宗偏流の茶人、山岸宗住(会水)が建てた茶室です。1957年(昭和32年)、劇作家の宇野信夫が買い取り、西荻窪に移築しました。本畳三枚と台目畳一枚からなる三畳台目...
go詳細を見る
鍵屋(居酒屋)
台東区下谷の言問通りにあった居酒屋です。震災・戦災をまぬがれた鍵屋は、1856年(安政3年)に建てられたと伝えられています。建物と店内は1970年(昭和45年)...
go詳細を見る
葛飾区山本亭
和風住居に洋風の接客部分を併設した典型的な近代和風建築として状態のよい遺構である。
庭園に面してガラス戸付きの縁側を巡らしている。庭園は書院の庭園の形式をとどめ...
go詳細を見る
川野商店(和傘問屋)
傘づくりが盛んであった江戸川区小岩に建てられた和傘問屋の建物です。内部は1930年(昭和5年)ころの和傘問屋の店先の様子を再現しています。
go詳細を見る
神田まつや
両隣をビルにはさまれているものの原形をよく止めており、建設当時の雰囲気をよく伝えている
go詳細を見る
旧光華殿
1940年(昭和15年)に皇居前広場で行われた紀元2600年記念式典のために仮設された式殿です。1941年(昭和16年)に小金井大緑地(現在の小金井公園)に移築...
go詳細を見る
旧自証院霊屋
尾張藩主徳川光友の正室千代姫が、その母お振りの方(三代将軍徳川家光の側室)を供養するために建立した霊屋です。この建物は東京都の文化財指定を受けています。
go詳細を見る
高安寺山門
安政4年(1857)に二十六世哲苗和尚が托鉢をして浄財を集め、明治に入って再建にとりかかった。しかし、廃仏毀釈の世相で明治5年(1872)に工事を中止し、長い間...
go詳細を見る
高安寺鐘楼
高安寺の鐘は江戸幕府から「時の鐘」として指定されており、享保の頃には府中八景が詩人墨客の間に宣伝され、歌にも読まれるなど、有名であったことがわかる。創建当初の鐘...
go詳細を見る
高安寺本堂
寺伝では、武将・藤原秀郷が武蔵国の国守となり、現在地に館を建て、のちに館跡が寺になったといわれ、当時は市川山見性寺と呼ばれた。その後、足利尊氏が夢想国師の勧めに...
go詳細を見る
子宝湯
東京の銭湯を代表する建物です。神社仏閣を思わせる大型の唐破風や、玄関上の七福神の彫刻、脱衣所の格天井など贅をつくした造りとなっています。
go詳細を見る
小寺醤油店
大正期から、現在の港区白金で営業していたお店です。味噌や醤油、酒類を売っていました。庇の下の腕木とその上の桁が特徴の<出長桁造り>がこの建物のみどころです。
go詳細を見る
仕立屋
明治初期に現在の文京区向丘に建てられた<出桁造り>の町家です。内部は大正期の仕立屋の仕事場を再現しています。
go詳細を見る
柴又帝釈天題経寺大客殿
帝釈天題経寺は寛永年間に創設された日蓮宗の寺院で、境内には、文化・文政の頃の釈迦堂をはじめ、明治以降に建てられた寺仏堂が多く現存する。北側の和風庭園(すいけいえ...
go詳細を見る
新宿区立林芙美子記念館
作家・林芙美子が、昭和16年(1941)から昭和26年(1951)にその生涯を閉じるまで住んでいた家。
山口文象設計によるこの家は、数寄屋造りのこまやかさが感じ...
go詳細を見る
清明亭
大江新太郎の設計により、昭和6(1931)竣工し、元わかもと製薬社長、長尾鉄弥氏の本邸好田荘の唯一残った建物である。
崖地を利用して、地上階の約半分が列柱により...
go詳細を見る
高橋是清邸
明治から昭和のはじめにかけて日本の政治を担った高橋是清の住まいの主屋部分です。総栂普請で、洋間の床は寄木張りになっています。2階は是清の書斎や寝室として使われ、...
go詳細を見る
竹むら
入母屋屋根で、2階の欄干に竹と梅模様が彫られ、軒下に木製の提灯が垂れている。外観は屋根と庇で4層に見える。
go詳細を見る

前のページへ戻る
< 1 | 2 >

ページTOPへ▲