注目のコレクション

  東京都写真美術館

go江戸東京博物館   go東京都現代美術館   バックナンバー

  • 題不詳(山内容堂像)
    内田九一
    1869年頃

    1859(安政6)年の開国で日本へ写真技術が本格的に渡来する。少なくとも1861(文久元)年には日本人が写真師として営業を始め、ポートレイトからその仕事をスタートした。寿像の制作が少ないため、初期の普及は緩やかだった。しかし、明治政府樹立へ向かう動乱期、明日をもしれない我が身の姿を残そうと多くの侍たちは写場へ足を向けた。1872(明治5)年からは、明治天皇も写真と関わりを持つことになった。度重なる規制にもかかわらず、写真師たちは天皇の写真を複写し、元勲の写真と並べて台紙貼りにして販売することにより、人々の要求に応えた。日本のポートレイトは写真渡来とともに出発し、私的な要求から公的な要請へと引き上げられるように広がっていったのである。

  • 題不詳(榎本武揚像)
    撮影者不詳
    1874年頃

    1859(安政6)年の開国で日本へ写真技術が本格的に渡来する。少なくとも1861(文久元)年には日本人が写真師として営業を始め、ポートレイトからその仕事をスタートした。寿像の制作が少ないため、初期の普及は緩やかだった。しかし、明治政府樹立へ向かう動乱期、明日をもしれない我が身の姿を残そうと多くの侍たちは写場へ足を向けた。1872(明治5)年からは、明治天皇も写真と関わりを持つことになった。度重なる規制にもかかわらず、写真師たちは天皇の写真を複写し、元勲の写真と並べて台紙貼りにして販売することにより、人々の要求に応えた。日本のポートレイトは写真渡来とともに出発し、私的な要求から公的な要請へと引き上げられるように広がっていったのである。

  • 題不詳(福沢諭吉像)
    撮影者不詳
    1871−1877年頃

    1859(安政6)年の開国で日本へ写真技術が本格的に渡来する。少なくとも1861(文久元)年には日本人が写真師として営業を始め、ポートレイトからその仕事をスタートした。寿像の制作が少ないため、初期の普及は緩やかだった。しかし、明治政府樹立へ向かう動乱期、明日をもしれない我が身の姿を残そうと多くの侍たちは写場へ足を向けた。1872(明治5)年からは、明治天皇も写真と関わりを持つことになった。度重なる規制にもかかわらず、写真師たちは天皇の写真を複写し、元勲の写真と並べて台紙貼りにして販売することにより、人々の要求に応えた。日本のポートレイトは写真渡来とともに出発し、私的な要求から公的な要請へと引き上げられるように広がっていったのである。

  • 題不詳(板垣退助像)
    撮影者不詳
    1868−1877年頃

    1859(安政6)年の開国で日本へ写真技術が本格的に渡来する。少なくとも1861(文久元)年には日本人が写真師として営業を始め、ポートレイトからその仕事をスタートした。寿像の制作が少ないため、初期の普及は緩やかだった。しかし、明治政府樹立へ向かう動乱期、明日をもしれない我が身の姿を残そうと多くの侍たちは写場へ足を向けた。1872(明治5)年からは、明治天皇も写真と関わりを持つことになった。度重なる規制にもかかわらず、写真師たちは天皇の写真を複写し、元勲の写真と並べて台紙貼りにして販売することにより、人々の要求に応えた。日本のポートレイトは写真渡来とともに出発し、私的な要求から公的な要請へと引き上げられるように広がっていったのである。

  • 題不詳(黒田清隆像)
    撮影者不詳
    1871年頃

    1859(安政6)年の開国で日本へ写真技術が本格的に渡来する。少なくとも1861(文久元)年には日本人が写真師として営業を始め、ポートレイトからその仕事をスタートした。寿像の制作が少ないため、初期の普及は緩やかだった。しかし、明治政府樹立へ向かう動乱期、明日をもしれない我が身の姿を残そうと多くの侍たちは写場へ足を向けた。1872(明治5)年からは、明治天皇も写真と関わりを持つことになった。度重なる規制にもかかわらず、写真師たちは天皇の写真を複写し、元勲の写真と並べて台紙貼りにして販売することにより、人々の要求に応えた。日本のポートレイトは写真渡来とともに出発し、私的な要求から公的な要請へと引き上げられるように広がっていったのである。

  • 題不詳(永山弥一郎像)
    撮影者不詳 
    1877年頃

    1859(安政6)年の開国で日本へ写真技術が本格的に渡来する。少なくとも1861(文久元)年には日本人が写真師として営業を始め、ポートレイトからその仕事をスタートした。寿像の制作が少ないため、初期の普及は緩やかだった。しかし、明治政府樹立へ向かう動乱期、明日をもしれない我が身の姿を残そうと多くの侍たちは写場へ足を向けた。1872(明治5)年からは、明治天皇も写真と関わりを持つことになった。度重なる規制にもかかわらず、写真師たちは天皇の写真を複写し、元勲の写真と並べて台紙貼りにして販売することにより、人々の要求に応えた。日本のポートレイトは写真渡来とともに出発し、私的な要求から公的な要請へと引き上げられるように広がっていったのである。

ページTOPへ▲