注目のコレクション

  東京都写真美術館

go江戸東京博物館   go東京都現代美術館   バックナンバー

  • 東海道
    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

     幕末の日本は、開国と攘夷に揺れる激動の時代である。そして写真術が渡来しそれが日本の中に定着し始める時代でもある。激動の日本を訪れた写真家たちは、日本に於ける写真の黎明に少なからぬ影響を与えた。中国や他のアジア諸国においてもヨーロッパからの旅行写真家が、現地の写真の黎明に関わらなかったわけではないが、日本の場合は植民地化されなかったゆえであろうか、彼らが触媒となって日本人写真家の輩出を促し、世界写真史の中でもユニークな歴史を持つ国を生み出したといえよう。
     フェリーチェ・ベアトは、『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』の特派記者であり挿絵画家でもあったチャールズ・ワーグマンに続いて1863年の春頃に来日し、横浜でスタジオを開設する。横浜、鎌倉、箱根から長崎まで各地の名所風景や日本の風俗を精力的に撮影し、それを『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』に送る一方、日本を訪れる観光客を相手にしたアルバムの制作も始める。ベアトの写真の特徴は、ピクトリアルに洗練された画面構成を持ちながらも、報道写真家の名前にふさわしい記録的なまなざしが貫かれているところである。このことは日本の伝統的な風俗を撮影した写真にも言えることで、後の「横浜写真」と称される外国人観光客向けに作られたものと一線を画している。

    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

    ギリシャ・コルフ島の出身。1850年ころから写真制作を始め、後写真家ロバートソンと出会い、報道写真家の道を歩む。1860年にアロー号戦争で英仏軍に同行し中国に赴き、画家ワーグマンに会う。1863年に来日し、下関戦争や生麦事件、日本の人物・風俗・風景を撮影。これらは幕末期の日本の貴重な資料となる。横浜にベアト・アンド・ワーグマン商会を設立。写真や絵画の制作・販売を手がける。1869年にワーグマンと別れ写真館を設立。1871年米国海軍に同行し朝鮮に赴く。1877年ネガや撮影道具をスティルフリードに譲り写真を止め、相場に手を出すが失敗。1882年(1884年?)離日しビルマに渡り骨董品や家具を販売した。

  • 大仏
    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

     幕末の日本は、開国と攘夷に揺れる激動の時代である。そして写真術が渡来しそれが日本の中に定着し始める時代でもある。激動の日本を訪れた写真家たちは、日本に於ける写真の黎明に少なからぬ影響を与えた。中国や他のアジア諸国においてもヨーロッパからの旅行写真家が、現地の写真の黎明に関わらなかったわけではないが、日本の場合は植民地化されなかったゆえであろうか、彼らが触媒となって日本人写真家の輩出を促し、世界写真史の中でもユニークな歴史を持つ国を生み出したといえよう。
     フェリーチェ・ベアトは、『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』の特派記者であり挿絵画家でもあったチャールズ・ワーグマンに続いて1863年の春頃に来日し、横浜でスタジオを開設する。横浜、鎌倉、箱根から長崎まで各地の名所風景や日本の風俗を精力的に撮影し、それを『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』に送る一方、日本を訪れる観光客を相手にしたアルバムの制作も始める。ベアトの写真の特徴は、ピクトリアルに洗練された画面構成を持ちながらも、報道写真家の名前にふさわしい記録的なまなざしが貫かれているところである。このことは日本の伝統的な風俗を撮影した写真にも言えることで、後の「横浜写真」と称される外国人観光客向けに作られたものと一線を画している。

    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

    ギリシャ・コルフ島の出身。1850年ころから写真制作を始め、後写真家ロバートソンと出会い、報道写真家の道を歩む。1860年にアロー号戦争で英仏軍に同行し中国に赴き、画家ワーグマンに会う。1863年に来日し、下関戦争や生麦事件、日本の人物・風俗・風景を撮影。これらは幕末期の日本の貴重な資料となる。横浜にベアト・アンド・ワーグマン商会を設立。写真や絵画の制作・販売を手がける。1869年にワーグマンと別れ写真館を設立。1871年米国海軍に同行し朝鮮に赴く。1877年ネガや撮影道具をスティルフリードに譲り写真を止め、相場に手を出すが失敗。1882年(1884年?)離日しビルマに渡り骨董品や家具を販売した。

  • 寺院
    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

     幕末の日本は、開国と攘夷に揺れる激動の時代である。そして写真術が渡来しそれが日本の中に定着し始める時代でもある。激動の日本を訪れた写真家たちは、日本に於ける写真の黎明に少なからぬ影響を与えた。中国や他のアジア諸国においてもヨーロッパからの旅行写真家が、現地の写真の黎明に関わらなかったわけではないが、日本の場合は植民地化されなかったゆえであろうか、彼らが触媒となって日本人写真家の輩出を促し、世界写真史の中でもユニークな歴史を持つ国を生み出したといえよう。
     フェリーチェ・ベアトは、『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』の特派記者であり挿絵画家でもあったチャールズ・ワーグマンに続いて1863年の春頃に来日し、横浜でスタジオを開設する。横浜、鎌倉、箱根から長崎まで各地の名所風景や日本の風俗を精力的に撮影し、それを『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』に送る一方、日本を訪れる観光客を相手にしたアルバムの制作も始める。ベアトの写真の特徴は、ピクトリアルに洗練された画面構成を持ちながらも、報道写真家の名前にふさわしい記録的なまなざしが貫かれているところである。このことは日本の伝統的な風俗を撮影した写真にも言えることで、後の「横浜写真」と称される外国人観光客向けに作られたものと一線を画している。

    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

    ギリシャ・コルフ島の出身。1850年ころから写真制作を始め、後写真家ロバートソンと出会い、報道写真家の道を歩む。1860年にアロー号戦争で英仏軍に同行し中国に赴き、画家ワーグマンに会う。1863年に来日し、下関戦争や生麦事件、日本の人物・風俗・風景を撮影。これらは幕末期の日本の貴重な資料となる。横浜にベアト・アンド・ワーグマン商会を設立。写真や絵画の制作・販売を手がける。1869年にワーグマンと別れ写真館を設立。1871年米国海軍に同行し朝鮮に赴く。1877年ネガや撮影道具をスティルフリードに譲り写真を止め、相場に手を出すが失敗。1882年(1884年?)離日しビルマに渡り骨董品や家具を販売した。

  • 役者
    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

     幕末の日本は、開国と攘夷に揺れる激動の時代である。そして写真術が渡来しそれが日本の中に定着し始める時代でもある。激動の日本を訪れた写真家たちは、日本に於ける写真の黎明に少なからぬ影響を与えた。中国や他のアジア諸国においてもヨーロッパからの旅行写真家が、現地の写真の黎明に関わらなかったわけではないが、日本の場合は植民地化されなかったゆえであろうか、彼らが触媒となって日本人写真家の輩出を促し、世界写真史の中でもユニークな歴史を持つ国を生み出したといえよう。
     フェリーチェ・ベアトは、『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』の特派記者であり挿絵画家でもあったチャールズ・ワーグマンに続いて1863年の春頃に来日し、横浜でスタジオを開設する。横浜、鎌倉、箱根から長崎まで各地の名所風景や日本の風俗を精力的に撮影し、それを『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』に送る一方、日本を訪れる観光客を相手にしたアルバムの制作も始める。ベアトの写真の特徴は、ピクトリアルに洗練された画面構成を持ちながらも、報道写真家の名前にふさわしい記録的なまなざしが貫かれているところである。このことは日本の伝統的な風俗を撮影した写真にも言えることで、後の「横浜写真」と称される外国人観光客向けに作られたものと一線を画している。

    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

    ギリシャ・コルフ島の出身。1850年ころから写真制作を始め、後写真家ロバートソンと出会い、報道写真家の道を歩む。1860年にアロー号戦争で英仏軍に同行し中国に赴き、画家ワーグマンに会う。1863年に来日し、下関戦争や生麦事件、日本の人物・風俗・風景を撮影。これらは幕末期の日本の貴重な資料となる。横浜にベアト・アンド・ワーグマン商会を設立。写真や絵画の制作・販売を手がける。1869年にワーグマンと別れ写真館を設立。1871年米国海軍に同行し朝鮮に赴く。1877年ネガや撮影道具をスティルフリードに譲り写真を止め、相場に手を出すが失敗。1882年(1884年?)離日しビルマに渡り骨董品や家具を販売した。

  • 日本の女性と赤ん坊
    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

     幕末の日本は、開国と攘夷に揺れる激動の時代である。そして写真術が渡来しそれが日本の中に定着し始める時代でもある。激動の日本を訪れた写真家たちは、日本に於ける写真の黎明に少なからぬ影響を与えた。中国や他のアジア諸国においてもヨーロッパからの旅行写真家が、現地の写真の黎明に関わらなかったわけではないが、日本の場合は植民地化されなかったゆえであろうか、彼らが触媒となって日本人写真家の輩出を促し、世界写真史の中でもユニークな歴史を持つ国を生み出したといえよう。
     フェリーチェ・ベアトは、『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』の特派記者であり挿絵画家でもあったチャールズ・ワーグマンに続いて1863年の春頃に来日し、横浜でスタジオを開設する。横浜、鎌倉、箱根から長崎まで各地の名所風景や日本の風俗を精力的に撮影し、それを『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』に送る一方、日本を訪れる観光客を相手にしたアルバムの制作も始める。ベアトの写真の特徴は、ピクトリアルに洗練された画面構成を持ちながらも、報道写真家の名前にふさわしい記録的なまなざしが貫かれているところである。このことは日本の伝統的な風俗を撮影した写真にも言えることで、後の「横浜写真」と称される外国人観光客向けに作られたものと一線を画している。

    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

    ギリシャ・コルフ島の出身。1850年ころから写真制作を始め、後写真家ロバートソンと出会い、報道写真家の道を歩む。1860年にアロー号戦争で英仏軍に同行し中国に赴き、画家ワーグマンに会う。1863年に来日し、下関戦争や生麦事件、日本の人物・風俗・風景を撮影。これらは幕末期の日本の貴重な資料となる。横浜にベアト・アンド・ワーグマン商会を設立。写真や絵画の制作・販売を手がける。1869年にワーグマンと別れ写真館を設立。1871年米国海軍に同行し朝鮮に赴く。1877年ネガや撮影道具をスティルフリードに譲り写真を止め、相場に手を出すが失敗。1882年(1884年?)離日しビルマに渡り骨董品や家具を販売した。

  • 髪結い
    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

     幕末の日本は、開国と攘夷に揺れる激動の時代である。そして写真術が渡来しそれが日本の中に定着し始める時代でもある。激動の日本を訪れた写真家たちは、日本に於ける写真の黎明に少なからぬ影響を与えた。中国や他のアジア諸国においてもヨーロッパからの旅行写真家が、現地の写真の黎明に関わらなかったわけではないが、日本の場合は植民地化されなかったゆえであろうか、彼らが触媒となって日本人写真家の輩出を促し、世界写真史の中でもユニークな歴史を持つ国を生み出したといえよう。
     フェリーチェ・ベアトは、『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』の特派記者であり挿絵画家でもあったチャールズ・ワーグマンに続いて1863年の春頃に来日し、横浜でスタジオを開設する。横浜、鎌倉、箱根から長崎まで各地の名所風景や日本の風俗を精力的に撮影し、それを『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』に送る一方、日本を訪れる観光客を相手にしたアルバムの制作も始める。ベアトの写真の特徴は、ピクトリアルに洗練された画面構成を持ちながらも、報道写真家の名前にふさわしい記録的なまなざしが貫かれているところである。このことは日本の伝統的な風俗を撮影した写真にも言えることで、後の「横浜写真」と称される外国人観光客向けに作られたものと一線を画している。

    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

    ギリシャ・コルフ島の出身。1850年ころから写真制作を始め、後写真家ロバートソンと出会い、報道写真家の道を歩む。1860年にアロー号戦争で英仏軍に同行し中国に赴き、画家ワーグマンに会う。1863年に来日し、下関戦争や生麦事件、日本の人物・風俗・風景を撮影。これらは幕末期の日本の貴重な資料となる。横浜にベアト・アンド・ワーグマン商会を設立。写真や絵画の制作・販売を手がける。1869年にワーグマンと別れ写真館を設立。1871年米国海軍に同行し朝鮮に赴く。1877年ネガや撮影道具をスティルフリードに譲り写真を止め、相場に手を出すが失敗。1882年(1884年?)離日しビルマに渡り骨董品や家具を販売した。

  • 富士山
    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

     幕末の日本は、開国と攘夷に揺れる激動の時代である。そして写真術が渡来しそれが日本の中に定着し始める時代でもある。激動の日本を訪れた写真家たちは、日本に於ける写真の黎明に少なからぬ影響を与えた。中国や他のアジア諸国においてもヨーロッパからの旅行写真家が、現地の写真の黎明に関わらなかったわけではないが、日本の場合は植民地化されなかったゆえであろうか、彼らが触媒となって日本人写真家の輩出を促し、世界写真史の中でもユニークな歴史を持つ国を生み出したといえよう。
     フェリーチェ・ベアトは、『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』の特派記者であり挿絵画家でもあったチャールズ・ワーグマンに続いて1863年の春頃に来日し、横浜でスタジオを開設する。横浜、鎌倉、箱根から長崎まで各地の名所風景や日本の風俗を精力的に撮影し、それを『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』に送る一方、日本を訪れる観光客を相手にしたアルバムの制作も始める。ベアトの写真の特徴は、ピクトリアルに洗練された画面構成を持ちながらも、報道写真家の名前にふさわしい記録的なまなざしが貫かれているところである。このことは日本の伝統的な風俗を撮影した写真にも言えることで、後の「横浜写真」と称される外国人観光客向けに作られたものと一線を画している。

    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

    ギリシャ・コルフ島の出身。1850年ころから写真制作を始め、後写真家ロバートソンと出会い、報道写真家の道を歩む。1860年にアロー号戦争で英仏軍に同行し中国に赴き、画家ワーグマンに会う。1863年に来日し、下関戦争や生麦事件、日本の人物・風俗・風景を撮影。これらは幕末期の日本の貴重な資料となる。横浜にベアト・アンド・ワーグマン商会を設立。写真や絵画の制作・販売を手がける。1869年にワーグマンと別れ写真館を設立。1871年米国海軍に同行し朝鮮に赴く。1877年ネガや撮影道具をスティルフリードに譲り写真を止め、相場に手を出すが失敗。1882年(1884年?)離日しビルマに渡り骨董品や家具を販売した。

  • 東海道風景
    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

     幕末の日本は、開国と攘夷に揺れる激動の時代である。そして写真術が渡来しそれが日本の中に定着し始める時代でもある。激動の日本を訪れた写真家たちは、日本に於ける写真の黎明に少なからぬ影響を与えた。中国や他のアジア諸国においてもヨーロッパからの旅行写真家が、現地の写真の黎明に関わらなかったわけではないが、日本の場合は植民地化されなかったゆえであろうか、彼らが触媒となって日本人写真家の輩出を促し、世界写真史の中でもユニークな歴史を持つ国を生み出したといえよう。
     フェリーチェ・ベアトは、『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』の特派記者であり挿絵画家でもあったチャールズ・ワーグマンに続いて1863年の春頃に来日し、横浜でスタジオを開設する。横浜、鎌倉、箱根から長崎まで各地の名所風景や日本の風俗を精力的に撮影し、それを『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』に送る一方、日本を訪れる観光客を相手にしたアルバムの制作も始める。ベアトの写真の特徴は、ピクトリアルに洗練された画面構成を持ちながらも、報道写真家の名前にふさわしい記録的なまなざしが貫かれているところである。このことは日本の伝統的な風俗を撮影した写真にも言えることで、後の「横浜写真」と称される外国人観光客向けに作られたものと一線を画している。

    ベアト,フェリーチェ(Beato,Felice) 1834-1904年

    ギリシャ・コルフ島の出身。1850年ころから写真制作を始め、後写真家ロバートソンと出会い、報道写真家の道を歩む。1860年にアロー号戦争で英仏軍に同行し中国に赴き、画家ワーグマンに会う。1863年に来日し、下関戦争や生麦事件、日本の人物・風俗・風景を撮影。これらは幕末期の日本の貴重な資料となる。横浜にベアト・アンド・ワーグマン商会を設立。写真や絵画の制作・販売を手がける。1869年にワーグマンと別れ写真館を設立。1871年米国海軍に同行し朝鮮に赴く。1877年ネガや撮影道具をスティルフリードに譲り写真を止め、相場に手を出すが失敗。1882年(1884年?)離日しビルマに渡り骨董品や家具を販売した。

ページTOPへ▲