注目のコレクション

  東京都写真美術館

go江戸東京博物館   go東京都現代美術館   バックナンバー

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 道具を肩にした人足
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 易者
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 椅子の脇に立つ女性
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 臼で脱穀
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 岡引と罪人
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 下田、中村橋
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 火鉢を囲む家族
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 猿回し
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 鎧兜の武将
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 義太夫節
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 傘を差し掛けたいなせな職人
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 算盤売り
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 獅子舞の一団
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 糸つむぎ
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 紙漉き
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 手習い
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 酒を酌み交わす3人の職人
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 役者
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 礼服姿の武士
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

  • 下岡蓮杖名刺判コレクション 笊売り
    下岡 蓮杖
    東京都写真美術館で5月6日まで開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 I.関東編」に出品されている下岡蓮杖コレクションの中から一部をご紹介します。
    日本最初期の写真師のひとり下岡蓮杖が幕末〜明治の日本人を活写した、貴重な古写真のシリーズです。

    下岡蓮杖名刺判コレクションについて
    東京都写真美術館の下岡蓮杖コレクションは1992年購入の蓮杖作品「木村政信像」に、2003年度に「写真映像文化支援協議会」の支援金による名刺判写真150点が加わり、公立のコレクションとしては最大級となる。
    興味深いのは、このまとまりが日本で発見されたものではなく、いくつかのコレクションによって構成され、西欧で発見されたことである。蓮杖は日本写真史において初期の重要な人物であるが、その仕事の性質上、彼の作品はほとんど国内に現存していなかった。
    また、蓮杖は西欧から訪れた人々へ写真を直接に販売するだけではなく、横浜と上海で発行された『ザ・ファー・イースト(THE FAR EAST)』紙へも写真を提供している。この写真入り新聞は、日本と中国の風景や風俗を、紙面に直接貼付した写真(鶏卵紙)により伝えるもので、発行当初はミハエル・モーゼルという専属の写真師が外国人写真師や日本人写真師に依頼したと言われており、蓮杖もこれに借り出されたと考えられる。

    下岡 蓮杖(1823 -1914年) Renjo Shimooka
    狩野薫川の門弟。1844年頃に江戸島津藩邸で写真に出会い写真術習得を決意。1860年頃、開港地横浜へ出て、横浜の商人ショイヤーの丁稚となり、そこで知り合った職業写真家ウンシン(ジョン・ウィルソン)の離日に際し、写真機材一式を譲り受ける。1862年、横浜野毛に写真館を開業、写真師としての一歩を歩み始める。その後弁天町にも店を出し、錦問屋の店子として、撮影をするかたわら外国人にも錦絵を販売していた。肖像写真の撮影も行ったが、中心的仕事は訪日外国人へ向けた写真であった。最盛期には写真館を三つ構えるほど経済的成功を収め、1875年、東京へ移るとともに第一線から退いた。写真以外にも、石版制作、絵画茶屋、牛乳販売業、ビリヤードなど新奇なものへ多角的にビジネスの視野を広げた人物である。

ページTOPへ▲