注目のコレクション

  東京都写真美術館

go江戸東京博物館   go東京都現代美術館   バックナンバー

  • 《日食の間》
    ウジェーヌ・アジェ
    1912年
    ゼラチン・シルバー・プリント

    ウジェーヌ・アジェ  (1857-1927)
    フランス、リブルヌに生まれる。幼い頃に孤児となり、祖父母に育てられる。神学校を中退後、商船の給仕として働く。1879年パリ国立演劇学校に入学。しかし、演劇は兵役のため中断し、87年頃には諦める。90年初頭、パリに戻り、画家として生計を立てようとするが、才能のないことを自覚し断念。この頃から、パリの街を撮り始め、「芸術家のための資料」という看板をアパートのドアに掲げて、公的機関やアーティストらに撮影した写真を販売する。1925年、マン・レイに見出され、アンドレ・ブルトンをはじめとするシュルレアリストから高く評価され、機関誌『シュルレアリスム革命』に写真が掲載される。死後、遺された写真は、ベレニス・アボットによってアメリカに持ち込まれ、ジュリアン・レヴィのサポートによって、最終的に1968年、ニューヨーク近代美術館にコレクションされ、「近代写真の父」と呼ばれるまでの存在になった。

  • 《ショワジー館、バルベット通り8番地》
    ウジェーヌ・アジェ
    1901年
    鶏卵紙

    ウジェーヌ・アジェ  (1857-1927)
    フランス、リブルヌに生まれる。幼い頃に孤児となり、祖父母に育てられる。神学校を中退後、商船の給仕として働く。1879年パリ国立演劇学校に入学。しかし、演劇は兵役のため中断し、87年頃には諦める。90年初頭、パリに戻り、画家として生計を立てようとするが、才能のないことを自覚し断念。この頃から、パリの街を撮り始め、「芸術家のための資料」という看板をアパートのドアに掲げて、公的機関やアーティストらに撮影した写真を販売する。1925年、マン・レイに見出され、アンドレ・ブルトンをはじめとするシュルレアリストから高く評価され、機関誌『シュルレアリスム革命』に写真が掲載される。死後、遺された写真は、ベレニス・アボットによってアメリカに持ち込まれ、ジュリアン・レヴィのサポートによって、最終的に1968年、ニューヨーク近代美術館にコレクションされ、「近代写真の父」と呼ばれるまでの存在になった。

  • 《トリニ館、ケ・ダンジュ通り11番地》
    ウジェーヌ・アジェ
    1902年 
    鶏卵紙

    ウジェーヌ・アジェ  (1857-1927)
    フランス、リブルヌに生まれる。幼い頃に孤児となり、祖父母に育てられる。神学校を中退後、商船の給仕として働く。1879年パリ国立演劇学校に入学。しかし、演劇は兵役のため中断し、87年頃には諦める。90年初頭、パリに戻り、画家として生計を立てようとするが、才能のないことを自覚し断念。この頃から、パリの街を撮り始め、「芸術家のための資料」という看板をアパートのドアに掲げて、公的機関やアーティストらに撮影した写真を販売する。1925年、マン・レイに見出され、アンドレ・ブルトンをはじめとするシュルレアリストから高く評価され、機関誌『シュルレアリスム革命』に写真が掲載される。死後、遺された写真は、ベレニス・アボットによってアメリカに持ち込まれ、ジュリアン・レヴィのサポートによって、最終的に1968年、ニューヨーク近代美術館にコレクションされ、「近代写真の父」と呼ばれるまでの存在になった。

  • 《フルーリー通り76番地、シャペル大通り》
    ウジェーヌ・アジェ 
    1921年
    ゼラチン塩化銀紙 (P.O.P)

    ウジェーヌ・アジェ  (1857-1927)
    フランス、リブルヌに生まれる。幼い頃に孤児となり、祖父母に育てられる。神学校を中退後、商船の給仕として働く。1879年パリ国立演劇学校に入学。しかし、演劇は兵役のため中断し、87年頃には諦める。90年初頭、パリに戻り、画家として生計を立てようとするが、才能のないことを自覚し断念。この頃から、パリの街を撮り始め、「芸術家のための資料」という看板をアパートのドアに掲げて、公的機関やアーティストらに撮影した写真を販売する。1925年、マン・レイに見出され、アンドレ・ブルトンをはじめとするシュルレアリストから高く評価され、機関誌『シュルレアリスム革命』に写真が掲載される。死後、遺された写真は、ベレニス・アボットによってアメリカに持ち込まれ、ジュリアン・レヴィのサポートによって、最終的に1968年、ニューヨーク近代美術館にコレクションされ、「近代写真の父」と呼ばれるまでの存在になった。

  • 《石膏像売り》
    ウジェーヌ・アジェ
    1907年
    鶏卵紙

    ウジェーヌ・アジェ  (1857-1927)
    フランス、リブルヌに生まれる。幼い頃に孤児となり、祖父母に育てられる。神学校を中退後、商船の給仕として働く。1879年パリ国立演劇学校に入学。しかし、演劇は兵役のため中断し、87年頃には諦める。90年初頭、パリに戻り、画家として生計を立てようとするが、才能のないことを自覚し断念。この頃から、パリの街を撮り始め、「芸術家のための資料」という看板をアパートのドアに掲げて、公的機関やアーティストらに撮影した写真を販売する。1925年、マン・レイに見出され、アンドレ・ブルトンをはじめとするシュルレアリストから高く評価され、機関誌『シュルレアリスム革命』に写真が掲載される。死後、遺された写真は、ベレニス・アボットによってアメリカに持ち込まれ、ジュリアン・レヴィのサポートによって、最終的に1968年、ニューヨーク近代美術館にコレクションされ、「近代写真の父」と呼ばれるまでの存在になった。

  • 《大道芸人》
    ウジェーヌ・アジェ
    1898年
    ゼラチン・シルバー・プリント

    ウジェーヌ・アジェ  (1857-1927)
    フランス、リブルヌに生まれる。幼い頃に孤児となり、祖父母に育てられる。神学校を中退後、商船の給仕として働く。1879年パリ国立演劇学校に入学。しかし、演劇は兵役のため中断し、87年頃には諦める。90年初頭、パリに戻り、画家として生計を立てようとするが、才能のないことを自覚し断念。この頃から、パリの街を撮り始め、「芸術家のための資料」という看板をアパートのドアに掲げて、公的機関やアーティストらに撮影した写真を販売する。1925年、マン・レイに見出され、アンドレ・ブルトンをはじめとするシュルレアリストから高く評価され、機関誌『シュルレアリスム革命』に写真が掲載される。死後、遺された写真は、ベレニス・アボットによってアメリカに持ち込まれ、ジュリアン・レヴィのサポートによって、最終的に1968年、ニューヨーク近代美術館にコレクションされ、「近代写真の父」と呼ばれるまでの存在になった。

  • 《ランプのかさ売り、18区ルピック通り》
    ウジェーヌ・アジェ
    1899年
    ゼラチン・シルバー・プリント

    ウジェーヌ・アジェ  (1857-1927)
    フランス、リブルヌに生まれる。幼い頃に孤児となり、祖父母に育てられる。神学校を中退後、商船の給仕として働く。1879年パリ国立演劇学校に入学。しかし、演劇は兵役のため中断し、87年頃には諦める。90年初頭、パリに戻り、画家として生計を立てようとするが、才能のないことを自覚し断念。この頃から、パリの街を撮り始め、「芸術家のための資料」という看板をアパートのドアに掲げて、公的機関やアーティストらに撮影した写真を販売する。1925年、マン・レイに見出され、アンドレ・ブルトンをはじめとするシュルレアリストから高く評価され、機関誌『シュルレアリスム革命』に写真が掲載される。死後、遺された写真は、ベレニス・アボットによってアメリカに持ち込まれ、ジュリアン・レヴィのサポートによって、最終的に1968年、ニューヨーク近代美術館にコレクションされ、「近代写真の父」と呼ばれるまでの存在になった。

  • 《回転木馬》
    ウジェーヌ・アジェ
    1823年
    ゼラチン・シルバー・プリント

    ウジェーヌ・アジェ  (1857-1927)
    フランス、リブルヌに生まれる。幼い頃に孤児となり、祖父母に育てられる。神学校を中退後、商船の給仕として働く。1879年パリ国立演劇学校に入学。しかし、演劇は兵役のため中断し、87年頃には諦める。90年初頭、パリに戻り、画家として生計を立てようとするが、才能のないことを自覚し断念。この頃から、パリの街を撮り始め、「芸術家のための資料」という看板をアパートのドアに掲げて、公的機関やアーティストらに撮影した写真を販売する。1925年、マン・レイに見出され、アンドレ・ブルトンをはじめとするシュルレアリストから高く評価され、機関誌『シュルレアリスム革命』に写真が掲載される。死後、遺された写真は、ベレニス・アボットによってアメリカに持ち込まれ、ジュリアン・レヴィのサポートによって、最終的に1968年、ニューヨーク近代美術館にコレクションされ、「近代写真の父」と呼ばれるまでの存在になった。

ページTOPへ▲