注目のコレクション

  東京都現代美術館

go江戸東京博物館   go東京都写真美術館   バックナンバー

  • 東京裁判
    井上長三郎(1906-1995)
    東京裁判
    1948年
    油彩/カンヴァス
    129x159cm

    脱力しきった虚ろな姿で被告席に座る男たち。日本を狂気の戦争へと導いた戦時中の指導者たちを描いた井上のこの作品は、当時の記録映像を元に描かれ、東京裁判開廷中の1948年に開催された第2回美術団体連合展に出品された。絞首刑7名を含む戦犯への判決はその年の11月に下されている。
    井上は戦前から静物画、風景画においてセザンヌの理念を受けた純粋絵画の追求を行う一方で、南太平洋の日本兵を題材にした《死の漂流》(1943)など、反戦を暗示する作品を発表している。時代の裏側に潜む人間の心の歪みや暗部へ向けられる画家のまなざしは後年、一連の政治風刺画において、奔放な線描による独特な軽みを帯びた醜悪かつユーモラスな人物表現へと深化してゆくが、終戦直後に描かれたこの作品では、その沈鬱な色彩、描かれた人物たちの無表情が、敗戦と戦犯の断罪という厳然たる時代の現実を物語っている。

  • 《神話A》
    阿部展也
    1951年
    油彩/カンヴァス
    91x116.5cm

    1913 新潟県に生まれる
    1932 独立研究所で学ぶ
    1939 「美術文化協会」の結成に参加,同人となる
    1941-46 フィリピンで日本軍報道部の仕事に従事
    1951 第1回サンパウロ・ビエンナーレ展に出品
     最初の個展(東京,タケミヤ画廊)
    1952 カーネギー国際美術展に出品
    1959 イタリア,ローマに移る
    1971 ローマにて死去


    肋骨が浮き立ち、骨と皮だけにやせ細ったひとが二人、暗闇の中に座り込んでいる。頸のない男に頭を取りつかれた人物は、両腕に力を込め逃れようとしている。戦争中6年間フィリピンで日本軍報道部の仕事に従事した阿部が、帰国後数年を経て着手したのがこの「飢え」のシリーズである。戦前より美術文化協会に所属し、シュルレアリスムの表現を試みていた阿部はまた、前衛写真協会にも所属する写真家でもあった。まさに、石坂洋次郎が言うとおり、「(徴用の間)彼は一枚も戦争画を描かなかった。そして、いま頃、こんな形で彼の戦争画を発表したのである。これは、いささかも感傷を交えない、厳しい戦争否定の宣言……」なのである。本作のタケミヤ画廊回廊の個展への出品、そしてサンパウロ・ビエンナーレ等海外展での活躍を経て、画家は50年代末よりヨーロッパに移り住むことになる。イタリアで客死した阿部のもとには、油彩と並んで、ビザンチンの遺跡の記録写真が大量に残されていた。ここに、人知れず朽ちていくものへの変わらぬ眼差しを我々は知るのである。


  • 香月泰男(1911-1974)

    1951年
    油彩/カンヴァス
    73.3x116.5cm

    デッキチェアに深くもたれて裸の少年が眠っている。午睡だろうか。静かな室内には夏のうだるような暑気が感じられる。叙情性の高い香月の初期作品には、たびたび少年が登場する。画中の少年は、どこか人気のない場所で海や空を眺めていたり、我を忘れるかのように眠り、考えに耽っている。懐かしさや寂しさの漂うこうした心象は「見棄てられた存在」であったという香月自身の子供時代の経験から生まれたものである。後に《シベリア・シリーズ》と呼ばれる作品群を生んだ抑留体験と同様、作家にとって少年期の記憶は制作の大きな源泉となった。切り取られたような画面構成は、対象から余計なものを削ぎ落とし、単純化させてゆく方法をとる香月特有のものである。少年の顔が描かれないことによって画面には独特の余韻がもたらされている。抒情的な表現から、より平面性や構成を意識した造形へと変化してゆく過渡期の作品である。

ページTOPへ▲