注目のコレクション

  東京都現代美術館

go江戸東京博物館   go東京都写真美術館   バックナンバー

  • ≪自画像≫
    松本俊介
    1942年
    鉛筆/紙


    松本俊介は戦中戦後の過酷な時代状況のもとで生き、活動した画家として知られる。病気で聴覚を失ったこともあり画家を志すようになった彼は、少年時代を過ごした岩手から17歳で上京したのち、36歳の若さで急逝するまで、静謐な抒情性をもつ都市風景を中心に独自の絵画を探求した。また俊介は当時の国家による文化統制に異議をとなえ、自画像や人物構想画にたくして芸術の自由な創造性と人間の自立性を訴えたことから、のちの時代に「抵抗の画家」と呼ばれた。当館収蔵の素描約60点には《ニコライ堂》、《鉄橋近く》、《Y市の橋》などの、1941年頃から集中して描かれた東京・横浜近辺の風景が多数含まれており、俊介の緻密な制作プロセスを知る手がかりともなっている。1点の完成作品を得るために、彼は現場での多数のスケッチを基に、アトリエでさらに素描をまとめ直し、油彩画や素描作品のためのカルトン(原寸大下絵)を制作した。ハトロン紙に描かれた下絵は、輪郭線をカンヴァスや画用紙に正確に転写し、ねらい通りの画面構成をつくり出すためのものである。こうした準備段階で俊介は、ある風景を別の場所や人物モティーフと組み合わせ、大きさや形を変えるなど現実を自由に再構成し、次第に線を強く明確なものに仕上げていった。戦局悪化のなかで俊介は東京にとどまりひたすら目前の風景と対峙した。描かれた都市風景は、細部にいたるまで写実的でありながら、時に孤独や不安、幻想味を帯びた心象風景となった。

     1912 東京に生まれる
     1914 家族とともに岩手県に移る
     1929 盛岡中学校を退学、上京する
     1940 最初の個展(東京、日動画廊)
     1943 麻生三郎、井上長三郎らと新人画会を結成
     1948 東京にて死去
     1986 回顧展(東京国立近代美術館他)
     1998 回顧展(練馬区立美術館他)

  • 母子
    1948年
    麻生三郎
    油彩/カンヴァス
    91.0×60.5cm

    1913 東京に生れる
    1930−33 太平洋美術学校で学ぶ
    1935 初の個展(紀伊国屋画廊、東京)
    1952−81 武蔵野美術学校(武蔵野美術大学)教授
    1959 「第五回日本国際美術展」優秀賞受賞
    1963 芸術選奨文部大臣賞受賞
    1979 回顧展(東京都美術館)
    1981 東京にて死去
    1994−95 回顧展(神奈川県立近代美術館)

    日本的フォーヴィスムが主流であった昭和前半期の美術界において、麻生三郎は近代絵画の持つ色彩主義に背を向け、独特の明暗処理法と量感表現により人間の内的心情の表出を試みた画家である。本作品は麻生が敗戦以後に取り組んだ母子像のシリーズのひとつであるが、幾重にも塗り重ねられた暗色のマテイエールの中から浮かび上がる母子の姿は、戦後の混乱と窮乏のもとで生きなければならない庶民の不安感を漂わせている。このような印象は、明暗法の原則に反して背景と対象の明暗のコントラストを弱め、線を用いず面により量感を表す彼独特の手法によるものである。1960年代以降、麻生はこの画風をしりぞけ、デフォルメされた人間像や肉塊などが、晦渋なマテイエールの背景と等価値に描かれた抽象的な画面構成を展開した。

ページTOPへ▲