注目のコレクション

  東京都現代美術館

go江戸東京博物館   go東京都写真美術館   バックナンバー

  • 『新東京百景』より≪東京駅≫
    恩地孝四郎 
    1931年
    18×24.2cm
    木版

    創作版画『新東京百景』は、8人の版画家、恩地孝四郎(1891-1955)、諏訪兼紀(1897-1932)、平塚運一(1895-1997)、川上澄生(1895-1972)、深沢索一(1896-1947)、藤森静雄(1891-1943)、逸見亨(1895-1944)、前川千帆(1888-1960)による100枚一組の版画集である。1929年から32年まで中島重太郎の主宰する創作版画倶楽部より4期にわたって会員頒布された。限定50部。明治末期より昭和初期にかけておこった創作版画の運動は、自分で絵を描き(自画)、自分で彫り(自彫)、自分でする(自刷)ことを基本として、作家の個性を重んじ、版画独自の表現のうちに創作の意義を認めるものとして芸術としての版画の正統的な位置づけを求めたものであった。1918年には、こうした版画の地位向上と普及を意図した「日本創作版画協会」が創立され、いずれの作家もこれに加わっている。本版画集は、この目的に沿いつつも、関東大震災後の復興から近代都市へと変貌をとげる東京の姿を後世に残すため企画された。根底にあるのは、北斎や広重ら江戸の名所風物を描いた浮世絵の書策より連なる風景版画の伝統であると同時に、刻一刻と変化する東京の姿を作家自らがあらたに見つめ、板の上に創作しようと協力し合った作家たちの強い意識であろう。

  • 奴隷系図(貨幣による)
    菊畑茂久馬
    1961年(1983年再制作)
    布,5円硬貨,ろうそく,木他
    高113cm
    撮影:木奥恵三

    1935 長崎県に生まれる
    1953 福岡県立中央高校卒業
    1957 九州派に参加
        最初の個展(福岡市岩田屋百貨店)
    1958 「第10回読売アンデパンダン展」に出品
       福岡県在住

    菊畑茂久馬が前衛美術の集団、九州派の一員として活動していた頃の作品。作
    者にとっても、また日本の現代美術にとってもその表現の特異さにおいて1960年前
    後の反芸術的傾向を代表する1点となっている。陰陽のシンボルを持つ2本の丸
    太が御神体のように置かれ、その片方には5円硬貨が竜のウロコのようにびっしりと
    打ちつけられている。スポットライトに照らされると2本の丸太は黄金のように輝き、
    ろうそくが儀式的な雰囲気を盛り上げる。この作品はもともと1961年に国立近代美
    術館の「現代美術の実験展」に出品されたものである。展覧会終了後、作者が5
    円玉を数え直してみると元の10万円分以上あり、10円玉の「お寒銭」も混じってい
    たという。古くからの日本人の習俗をあえて現代美術のモティーフとし、東京で展
    示するための作品として生まれた≪奴隷系図≫は、オリンピックに向け高度成長の道
    を走り始めた日本が忘れようとする反近代的世界への鎮魂歌と考えられる。なお、
    現在の作品は東京都美術館での「1960年代展」出品のために再制作されたもの。

ページTOPへ▲