注目のコレクション

  東京都現代美術館

go江戸東京博物館   go東京都写真美術館   バックナンバー

  • EIDOLON
    漆原英子
    1956年
    油彩/カンヴァス
    73x90.9cm

    1928 イギリス,ロンドンに生まれる
    1946 聖心女子学院語学部卒業
    1947 阿部展也に師事
    1952 最初の個展(東京,タケミヤ画廊)
    1981 「1950年代―その暗黒と光芒」展(東京都美術館)に出品
    2002 死去

    万華鏡のようなきらめきの中で、二つの眼をこちらに向ける怪物が大地の上で蠢いている。まるで太古からの長い年月を吸い込んだかのような皮膚は収斂し、その形態と輪郭を捉えどころのないものにしている。《EIDOLON》とは幻影、そして理想をも意味する英語。ロンドン生まれの英文学への造詣から選ばれたこの題名は、作家のヴィジョンをあらわしているかのようだ。
     漆原は、1950年代に美術批評家、瀧口修造が企画したタケミヤ画廊でデビューし、ここを舞台に活動を展開した。「既成画壇への依存を放下し」「個展発表を第一義とする作家」の活躍を希求した瀧口の活動が示すように、50年代とは美術団体や革新的なグループからは独立して制作発表することが可能となった時代であり、特定の流派に限定されることのないこの画面にも、その独自の態度があらわれている。

  • ヴァシヴィエールの月
    土屋公雄
    1990年
    木(樫、杉、椋、他)
    150x400x4cm

    1955 福井県に生まれる
    1977 日本大学芸術学部建築デザイン科卒業
    1989 ロンドン,チェルシ・スクール・オヴ・アート彫刻科修士課程修了
    1990 個展「Eternity」(リモージュ,ヴァシヴィエール国立現代美術センター)
    1990 第3回朝倉文夫賞受賞
    1991 第14回現代日本彫刻展大賞受賞
    1994 個展「来歴」(斎藤記念川口現代美術館)
    1996 個展「虚構と記憶」(原美術館)
     千葉県在住

    「最初それは小さな金属音で始まった/突然 森の奥で恐怖にも似た叫び声が静寂を切った/数日後……すでにその森は消えていた」(『所在/LOCUS 土屋公雄彫刻作品集』1992年、p.9)。フランス、リモージュにほど近いヴァシヴィエール。1990年、同地の国立現代美術センターで開催される個展を機に土屋はヴァシヴィエールの森に入った。握りしめたのは、伐採の後に打ち捨てられた数個の木片。かつては大木であったろうその木片を一片また一片と並べ、死から生への輪舞を夜空に描く。欠けては満ちる月の円弧は、木片が土に還り、再び大木となって葉を広げる夢と重なり合う。80年代に伐採された自然木や工場廃材を、それらに息吹を与えるがごとく半円形や渦巻型の巨大なマッスに集積した土屋は、本作の後、廃屋を燃やした灰による作品へと向かう。巨大な構築物から物質の最後のそして最初の形である灰へ。それらは、生命の円環への長い祈りなのである。

ページTOPへ▲