注目のコレクション

  東京都現代美術館

go江戸東京博物館   go東京都写真美術館   バックナンバー

  • 《Thank You Celeb Project−I’m BOKAN》
    Chim↑Pom
    2007-2008年
    インスタレーション
    サイズ可変

    Chim↑Pomという名の6人組の日本の若者たちとの旅。社会の事象に好奇心と反射神経を持って介入し、都市空間を舞台に既存の価値観をひっくり返す作品を多く制作してきた彼らが、そのごく初期に行ったプロジェクトのひとつ《Thank You Celeb Project−I’m BOKAN》。メンバーのひとりエリィの「セレブになりたい」という夢は、「セレブといえば慈善事業→地雷撤去でしょ」という思考回路を辿り、ついにカンボジア行きへと発展します。撤去した地雷で大事な私物を爆破、それを「アート作品」としてチャリティー・オークションにかけ、寄付する…という過程の中で、Chim↑Pomは地雷がまだたくさん埋まっている地で暮らす子供たちと触れ合い、彼らを取り巻く社会的な現実に出会っていきます。「アート」と「セレブリティ」という「錬金術」を通して、彼らは何を与え、何を得たのか――その旅の軌跡を辿る作品です。


    Chim↑Pom
    2005年8月 東京で結成
          メンバー:エリイ、卯城竜太、林靖高、岡田将孝、水野俊紀、稲岡求
    2002年 個展「スーパー☆ラット」無人島プロダクション、東京
    2007年 個展「サンキューセレブプロジェクト」無人島プロダクション、東京
     「新・公募展2007」広島市現代美術館賞(大賞)受賞
    2009年 「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」原美術館、東京
    2010年 「六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?」森美術館、東京
    2011年 個展「LEVEL 7 feat. 広島!!!!」原爆の図 丸木美術館、埼玉
    2012年 個展 「Chim↑Pom」パルコミュージアム、東京

  • 浴槽コラージュ ♯2
    ウェッセルマン,トム 
    1963年
    油彩,コラージュ,オブジェ/板
    122.0×185.5×16.5cm
    Copyright: Estate of Tom Wesselmann/VAGA, New York & SPDA, Tokyo, 2011


    1960年代に看板や複製画のコラージュを制作してポップ・アートの推進者の一人となったウェッセルマンは、やがてレディ・メイドの日用品を大胆に導入して、室内を模した立体的なアサンブラージュを制作しはじめる。その画面が巨大化する契機になったのがこの作品に代表される≪浴槽≫シリーズである。ウェッセルマンの作風を象徴するヌードは、ここでは手描きのエロティックなイメージではなく人物写真によるコラージュとなっている。実際の製品を用いた化粧品、棚、タオル、カーテンにやや縮小した模型を用いた便器などを組み合わせ、アメリカの家庭の典型的な浴室を現出させている。水浴という主題は西洋美術においては伝統的なものだが、ウェッセルマンは卑俗で大衆的な日常性を正面に持ち出すことによって、それらとは全く隔絶したキッチュなイメージを作り上げた。消費社会における画一的な日常生活、そこに生きる大衆の即物的な欲望と充足を表現しながら、明るく乾いたアイロニーを漂わせている。  (K.M.)


    ウェッセルマン,トム

    1931  アメリカ,オハイオ州シンシナティに生まれる
    1956  シンシナティ大学およびシンシナティ・アート・アカデミー卒業
    1961  最初の個展(ニューヨーク,タナガー・ギャラリー)
    1962  「ニュー・リアリスツ展」(ニューヨーク,シドニー・ジャニス・ギャラリー)に出品
    2004  死去

ページTOPへ▲