注目のコレクション

  東京都現代美術館

go江戸東京博物館   go東京都写真美術館   バックナンバー

  • 240個の石膏の代用物
    マッカラム,アラン
    1982-89年
    エナメル・ペイント/石膏
    展示寸法可変

    額に入った小さな絵画「のようなもの」が240個、壁面に並んでいる。絵画「のような」物体は、実際は一つ一つが石膏の型抜きによって作られた立方物であり、よく観察すれば寸法を8種類ほど見分けることができる。この物体の縁と「画面」にあたる部分には、光沢のあるエナメル・ペイントが貼られているため、疑似絵画的な印象が生じている。それゆえ240個の物体を壁面に並べたインスタレーションは、大小の「絵画」が壁を埋める光景を模造しているとみることができる。それは、古典的な美術館や大収集家の邸宅の壁面を連想させるが、量の多さと黒い「画面」によって、グロテスクに変容させられている。そして同時に、大量生産と資本の論理が顕在化する。アイロニーに満ちたタイトルが語るとおり、それはまさに、我々の時代、我々の文化における芸術品の「代用物」なのである。こうして我々は、様々な形で芸術を取り囲み、芸術を条件付けている特有の文化や制度の存在に、否応なく気づかされてしまうことになる。マッカラムは、1982年に始まる「石膏の代用物」連作のほか、やはり石膏で型抜きした壺形の物体を並べた連作「完全な運搬具」などにより、1980年代後半からのシミュレーション/アプロプリエーションの芸術を代表する作家として高い評価を受けている。 (Y.M.)


    マッカラム,アラン

    1944  アメリカ,カリフォルニア州ロサンジェルスに生まれる
    1971  最初の個展 (カリフォルニア州コロナ・デル・マー ,ジャック・グレン・ギャラリー)
    1989  個展 (アイントホーフェン ,市立ファン・アッベ美術館他)
        ニューヨーク在住

  • 重い手
    鶴岡政男
    1949年
    油彩/カンヴァス
    130×97cm

    コンクリートの桁がむき出しになった建物の中で頭を垂れ、膨れ上がった大きな手を地面に投げ出し、うずくまる男。男の両肩には巨大な掌がのしかかり、今にも押しつぶされそうだが、ブロンズ色に底光りするその肢体が、重圧に抗しようとする不屈の生命力を感じさせる。上野の地下道でみた浮浪者の姿にヒントを得たといわれる《重い手》は、敗戦直後の日本人の抑圧された心理状況を表した傑作として称えられる。鶴岡は抑圧されるものの絶望感だけを表すことをせず、直線で構成されたキュビスム風の構築物に戦後の権力機構を象徴させ、その中に表現主義的に描かれ生命力をあたえられた肉塊を立ちはだからせることで、まわりの重圧に立ち向かう人間の実存そのものを示した。それは、貧苦にあえぎながらも画業を捨てず、戦時下の美術規制に反発し新人画会を結成した彼の歴史そのものを表しているといえよう。後に自由美術協会で活躍した鶴岡政男は具象から、人間を風刺的に記号・暗号化した抽象へと画風を変貌させていったが、人間とそれを取り巻く現実の矛盾への追求は決してやむことがなかった。


    鶴岡政男

    1907 群馬県高崎に生れる
    1922−28 太平洋画会研究所で学ぶ
    1935 最初の個展(リリオム、東京)
    1963 「第七回日本国際美術展」優秀賞受賞
    1979 回顧展(群馬県立近代美術館)
       東京にて死去
    2007 回顧展(群馬県立館林美術館)

  • 洗濯バサミは攪拌行動を主張する
    中西夏之
    1963年
    紐,洗濯バサミ/カンヴァス
    各116.5×91.0cm(6)、41.0×31.5cm(7点組)

    大量の洗濯バサミが、大小7枚のカンヴァス上に無秩序にうごめいている。この一風変わった作品は、1963年最後の読売アンデパンダン展に現れた。当時の展示では、洗濯バサミの大群がカンヴァスの枠を越え、周りに展示されていた下着や卵のオブジェにまで拡がっていたという。鑑賞者が床に散乱した洗濯バサミを何気なく拾って、洋服につけたまま帰ってしまうこともあったようだ。美術館に置かれた洗濯バサミという「芸術品」は、こうして「攪拌運動」を続け、ごく普通の日常生活に密かに侵入していったのである。
     赤瀬川原平、高松次郎とともに〈ハイレッド・センター〉を組織した中西夏之が、一躍注目を集めたのは1962年の「山手線事件」だった。白塗りした顔の中西が、駅ホームで卵のオブジェを舐める奇抜なパフォーマンスは、駅という日常の場に芸術という異物を持ち込む試みだった。一方、本作品では美術館という非日常的な芸術空間に極めて卑俗な日用品を取り込んだ。作者の狙いは、芸術と日常生活の境界を取り払い、その二つをまさに「攪拌」させることにあったわけである。(C.M.)


    中西夏之

    1935 東京に生まれる
    1958 東京芸術大学絵画科油画専攻卒業
        最初の個展(東京、櫟画廊)
    1959  「第3回シェル美術賞展」佳作賞受賞
    1963 高松次郎、赤瀬川原平とともにハイレッド・センターを組織
    1985 個展(北九州市立美術館)
    東京在住



  • 赤瀬川原平

    1963年(1985年再制作)
    紙, 紐, 扇風機
    67×35×28cm

    赤瀬川原平が、中西夏之、高松次郎とともに1963年に結成したグループ〈ハイレッド・センター〉の一員として活動していた頃の作品。当時、赤瀬川は、普通の絵画や彫刻に飽き足らず、「梱包」という方法による作品制作を試みていた。その始まりは、1963年3月の第15回読売アンデパンダン展に遡る。赤瀬川は、この展覧会にカンヴァスを紙と紐で梱包したオブジェ並びに千円札の拡大模写を出品している。この中で、普通の絵画とは程遠い模型千円札は、紙幣の綿密な模写というナンセンスで危険な行為に熱中する作者の愚かしくも純粋な情熱から生まれたものであった。画面(あるいは表面)を無意味なもので覆いつくそうとする作業は、平面から立体の世界へと広がり、赤瀬川の梱包は、やがて椅子、鞄、鋏など家具や道具へと及ぶ。そして作者は首振り扇風機を梱包することにより、ついに目に見えない「風」さえ梱包し、作品化してしまう。この作品を発表した1963年7月のグループ展「不在の部屋」(内科画廊)にはラジオを梱包した作品も並び、梱包の中から放送が聞こえたという。赤瀬川の「梱包」作品には、機知とユーモアが包まれている。(Y.S.)


    赤瀬川原平

    1937 横浜に生まれる 本名赤瀬川克彦
       武蔵野美術大学中退
    1960 ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズの結成に参加
    1963 高松次郎,中西夏之とともにハイレッド・センターを組織
    1995 個展「赤瀬川原平の冒険―脳内リゾート開発大作戦―」
    (名古屋市美術館)
       東京在住


ページTOPへ▲