注目のコレクション

  東京都現代美術館

go江戸東京博物館   go東京都写真美術館   バックナンバー

  • 深川木場『新東京百景』
    前川千帆
    1930年
    木版
    18×24.2cm

    創作版画『新東京百景』は、8人の版画家、恩地孝四郎(1891-1955)、諏訪兼紀(1897-1932)、平塚運一(1895-1997)、川上澄生(1895-1972)、深沢索一(1896-1947)、藤森静雄(1891-1943)、逸見享(1895-1944)、前川千帆(1888-1960)による100枚1組の版画集である。これは1929年から1932年まで中島重太郎の主宰する創作版画倶楽部より4期にわたり限定50部として会員頒布された。明治末期より昭和前期にかけておこった創作版画の運動は、自分で絵を描き(自画)、自分で彫り(自刻)、自分で摺る(自摺)ことを基本として、作家の個性を重んじ、自我の確立を目指すとともに、版画独自の表現のうちに創作的意義をみとめ、芸術としての正統的位置づけを求めたものであった。1918年には、こうした版画の地位向上と社会的普及を意図した「日本創作版画協会」が創立され、いずれの作家もこれに加わっている。本版画集は、この目的にねざしつつも、震災後の復興から近代都市へと変貌をとげる東京の姿を後世に伝えるため企画された。そこに描かれたのは、復興作業で造成された街路や橋、公園をはじめ、都市生活を彩る様々な娯楽施設に集う人々の姿などである。その根底にあるのは、北斎や広重ら江戸の名所風物を描いた浮世絵の諸作より連なる風景版画の伝統であると同時に、刻一刻と変化する東京の姿を作家自らが新たにみつめ、刀でもって丹念に板の上に創作しようと協力しあった版画家たちの強い意識であろう。

  • 一つのさくらんぼ
    浜口陽三
    1962年
    メゾチント/紙
    26×36cm

    1909 和歌山県に生まれる
    1927-30 東京美術学校塑造部で学ぶ
    1930-39 渡仏
    1938 最初の個展(パリ)
    1954 サロン・ドートンヌの会員となる
    1957 「第1回サンパウロ・ビエンナーレ」国際版画部門グランプリ受賞
        「第1回東京国際版画ビエンナーレ展」東京国立近代美術館賞受賞
    1961 「第4回ユーゴスラヴィア・グラフィック・アートビエンナーレ」グランプリ受賞
    1981-96 サンフランシスコで制作
    1985 回顧展(有楽町アート・フォーラム、国立国際美術館ほか)
    1990 個展(東京都庭園美術館)
    2000 東京にて死去

    てんとう虫、さくらんぼ、ざくろ、蝶々、葡萄――浜口陽三の版画によく登場するのは、私たちの身近にあるごく平凡なものたちである。作者はそれを銅版画という小画面の世界に閉じ込め、無駄な線を排した簡素な形態に変え、色鮮やかに浮かび上がらせる。微妙な濃淡に彩られた黄、赤、緑色の静物たちは、深く豊かな黒を背景にして非日常的な存在感を放ち始めていく。小画面ながらも凝縮した小世界を垣間見させてくれる浜口の版画は、自ら開拓したカラー・メゾチントという技法によって成立している。17世紀ドイツで発明された凹版銅版画の技法のひとつであるメゾチントは、銅板にベルソーという器具を使って直接刻みをいれ、その穴をつぶしたり磨いたりすることにより黒の微妙な諧調を作り出すものであるが、浜口はそれを独学で習得し、さらに1955年頃からは多色刷りという新たな技法に挑戦した。それは黄、赤、青、黒の4色4板の版を、色と諧調をイメージしながら彫り上げ、明色から暗色へと乾かないうちに注意深く刷り重ねていくというプロセスを経て出来上がるもので、職人として完璧な技と繊細な感性が要求される仕事である。そこから生まれるさくらんぼの赤、レモンの黄、葡萄の緑は、複雑で繊細な色の集積によって出来上がっていて、暗闇にともる灯火のように目の中で微妙な光の揺らぎとなっていく。メゾチントという漆黒の世界に色と光をともした浜口は、サンパウロ・ビエンナーレなど大規模国際展で数々の受賞を重ねるなど、銅版画の巨匠として揺るぎない評価を得ている。

ページTOPへ▲