注目のコレクション

  東京都現代美術館

go江戸東京博物館   go東京都写真美術館   バックナンバー

  • 田園
    靉嘔
    1956年
    油彩/合板
    183.0×370.4cm(4枚パネル)

    1931 茨城県に生まれる
    1954 東京教育大学教育学部芸術学科卒業
    1955 最初の個展(東京,タケミヤ画廊)
    1969 「第4回ジャパン・アート・フェスティバル」 最優秀賞受賞
    1970 「第7回東京国際版画ビエンナーレ展」 東京国立近代美術館賞受賞
    埼玉県及びアメリカ,ニューヨーク在住


    靉嘔は、昭和30年に池田満寿夫を初めとする若手作家とともに〈グループ実在者〉を結成した。本作品は昭和31年にフォルム画廊で行われた同グループの連鎖展で発表されたものであり、同年の第8回読売アンデパンダン展にも出品されている。作品タイトルの≪田園≫は、連鎖展の課題テーマであった「田園」に由来するが、画面下には「食う為に生きる為に耕す父母兄弟姉妹におくる」というメッセージが記されており、タイトルとともに戦後の復興に向けて立ち上がろうとする作家の願いが込められている。ベニヤ板4枚から成る大画面に、半ば球状に単純化された男女のフォルムが隊列を成して前面に行進してくる様子が大胆な遠近法によって描かれ、敗戦後に希望を抱き始めた当時の世相を見事に表している。靉嘔は、この作品を発表してから2年後にニューヨークに渡り、虹色のシリーズへと展開していった。 (K.H.)

  • 抵抗
    桂ゆき
    1952年
    油彩/カンヴァス
    130x162cm

    1913 東京に生まれる
    1931 東京府立第五高等女学校卒業
    1935 最初の個展(東京,近代画廊)
    1956-61 欧米に滞在
    1966 「第7回現代日本美術展」最優秀賞受賞
    1991 個展(下関市立美術館)
    1991 東京にて死去

    幼少の頃より身近のオブジェに強い愛着を抱いていた桂は、コラージュ等の技法により「物と即結して即物的に」制作を行っていた。しかし戦争を契機に、社会状況と無関係に生み出される作品に疑問を感じ、これまで沈めていた物語性や思想性、人間性を押し出すことへと意識を転換させる。その結果、実際に物をコラージュしたもの、あるいはそれらを描いたものと戯画化・抽象化された人物像との組み合わせによる表現を試みるようになる。《抵抗》と題された本作品で、人物は生々しく赤い爪に長い髪を引っ張られており、その力から逃れようと鳥の脚にしがみついている。鳥はその手に抗うかのように首をもたげ、羽ばたこうとする。爪と人物、鳥と人物の間に力が拮抗し、強い運動感が画面に生じている。桂は、自分の感受性を素直に表現し、自分だけの世界を創造しようと作品を作りつづけてきた。が、その活動の根底に潜んでいたのは周囲の状況や固定観念に対する抵抗感であろう。ただ、桂自身そうした態度をとりながらも、自分を含めて人間に対し客観的に醒めた眼差しを向けている様が本作品におけるどこかユーモラスな人物の表情に窺えるようにも思えるのである。

  • シーラカンス
    毛利武士郎
    1953年
    石膏
    107x133x55cm

    毛利武士郎(1923-2004)は、1950年代から一躍その名が知られるようになった作家である。そのきっかけを作ったのが、1954年の「第6回読売アンでパンダン展」に出品したこの《シーラカンス》である。「読売アンデパンダン展」は、新聞社主催の無審査自由出品制の展覧会で、ここから多くの新人が発掘された。彼もそうした作家の一人であった。《シーラカンス》というタイトルは、当時マダガスカル島近海で発見された古代そのままの魚に想を得ている。ただし、一見して明らかなように、その魚の姿をそのままに象ったものではない。作家が「シーラカンス」という言葉を通して伝えたかったのは、現代に生きる古代的な存在とでも言うべきものである。石膏を用いて作り出された形は、何かの生き物であることを思わせつつ、ごつごつとした質感や重々しい重量感、どことなくユーモラスな感じ見る者に伝える。それは特定の生き物の姿ではなく、おおらかな原初的生命そのものの姿なのである。毛利の彫刻は、この作品に見られるような有機的な形態をとるものと、現代社会を厳しく見据えて作り出された幾何学的な抽象彫刻の二つの方向性を持っている。相反するともいえる二つの傾向がせめぎあい、そのどちらにも安易に流れないことがこの作家の特質であり、また評価されている点である。

    毛利武士郎
    1923年 東京生まれ
    1943年 東京美術学校彫刻科彫塑部卒業
    1952年 二人展(タケミヤ画廊、東京)
    1954年 「第6回読売アンデパンダン展」に出品
    1959年 「第5回サンパウロビエンナーレ」出品
    1999年 「毛利武士郎展」(富山県立近代美術館)
    2004年 富山県黒部市にて死去

  • 《ゴミ男》
    大竹 伸朗
    1987年  バルサ、印刷物、鉄、木、プラスティック、ゴム、フィルム、段ボール、植物、布、厚紙、紙、マスキングテープ、石膏、アクリル、油彩、水彩、缶、砂、梱包材、靴下、おもちゃのピストル、ギターネック、グラインダーの歯、イミテーションの真珠、カシュー塗料、木炭、消しゴム、家庭用炭酸ガスボンベ、包装紙、紙テープ、木屑、ロウ、竹、はけ、オープンリール用録音テープ/木製パネル;テープレコーダー、マスキングテープ、スピーカー  405×405×20cm  2006年度購入
    Shinro OTAKE, Rubbish Men, Balsa, printed matter, iron, wood, plastic, rubber, film, cardboard, plant, cloth, paper, masking tape, gypsum, acrylic, oil, watercolor, etc. on panel ;Tape-recorder, masking tape, and speaker, New Acquisition in 2006

    《ゴミ男》は、「東京」をテーマに、すべてこの都市から排出されたゴミ―段ボール、植物、布、厚紙、紙、マスキングテープ、靴下、おもちゃのピストル、ギターネック、グラインダーの歯、イミテーションの真珠などを素材に制作された。そして、コラージュのパネル8枚の中に浮かぶ人物像は、マルセル・デュシャンにかかわりの深い映像実験からの引用である。多種多様なイメージや音がリミックスされた作品は、「東京の現在」の表象であり、作家が出会った事物を集めた、日記のように私的な表現でもある。まさに、「時代の感性」として受容された80年代の作家の集大成といえる作品である。

    大竹 伸朗 (1955- ) 【おおたけ しんろう】 Shinro OTAKE
    東京都生まれ。1977‐78のロンドン放浪を経て、1980年武蔵野美術大学油絵科を卒業。1982年に初個展を開催、新世代の絵画の旗手として注目を集めた。1985年にはロンドンICAで日本人として初めて個展を開催している。その後も精力的な制作を続け、立体、写真、本、印刷物、音楽など多彩な領域での活動を展開している。

  • ロッキング・マンモス,M・ザ・ナイト
    ヤノベケンジ
     
    ≪ロッキング・マンモス≫
    2005年
    鉄,機械部品,他 
    370×190×450cm 

    ≪M・ザ・ナイト≫
    2006年
    ガスマスク,鉄,真鍮,他 
    h.240cm



    1965年生まれのヤノベケンジは、日本が高度経済成長期にあった時代に育ち、漫画、テレビアニメ、SF映画に囲まれて世界観を築いてきた。彼の作品にはこうした少年時代のサブカルチャー体験が、色濃く反映されている。初期に発表された巨大プラモデルのような彫刻作品には、鑑賞者が装着できたり、乗って動かせるユニークな機能が付いていたが、それはまた未来の地球で生き残るための装置「サヴァイヴァル・マシーン」でもあった。そうしたヤノベの意識に変化が訪れるのは日本を離れて、チェルノブイリを訪れた1997年である。ヤノベは自作の放射能防御服《アトム・スーツ》を身につけ汚染地帯に乗り込んだが、廃墟と化したチェルノブイリで再び生活を始めた住民の姿を発見することになる。それ以来、ヤノベの創作テーマは、自分だけが生き延びる「サヴァイヴァル」から、他者とともに再び生き直すことを目指す「リヴァイヴァル」へとシフトし、生に対するポジティブな要素が加味されるようになった。2004年には愛知万博のために「マンモス・プロジェクト」を立ち上げ、工業廃材で作ったマンモスをシベリアに埋めて未来に掘り起こす壮大な計画を提案した。このプロジェクトは万博では実現を見なかったが、その後、若い世代の賛同を得て引き継がれ、その過程で作られたのが《ロッキング・マンモス》である。車を解体して作られたこのマンモスは、ユーモラスな形をしているが、排気ガスで環境を汚し、進退きわまる20世紀の象徴でもある。このように既成のアートの枠組みを超えるヤノベの活動は、現実に対するわれわれの覚醒を絶えず促し、時代や社会に対する鋭い批評となっている。


    ヤノベケンジ
    1965 大阪生まれ
    1991 京都市立芸術大学大学院美術研究科修了
    1994−97 ベルリン在住
    1997 チェルノブイリを訪ねる
    2003 個展(国立国際美術館、大阪)
    2005 個展(豊田市美術館、愛知)
    2006 個展(霧島アートの森、鹿児島)
    2009 個展(豊田市美術館、愛知)
       大阪在住

ページTOPへ▲