注目のコレクション

  江戸東京博物館

go東京都写真美術館   go東京都現代美術館   バックナンバー

  • 隅田川百花園図
    すみだがわひゃっかえんず
    蹄斎北馬(ていさいほくば)画

     百花園(現、墨田区東向島)(ひがしむこうじま)は文化元年(1804年)、国学者の村田春海(むらたはるみ)、儒学者の亀田鵬斎(かめだほうさい)、詩人の大窪詩仏(おおくぼしぶつ)戯作者で狂歌師の大田南畝(おおたなんぽ)、画家の酒井抱一(さかいほういつ)、茶人の川上不白(かわかみふはく)ら当時の一流文化人の協力を得て、日本橋の骨董屋・佐原鞠塢(さわらきくう)によって幕臣の多賀家屋敷跡につくられた。最初に数多くの梅の木が集められたため、亀戸の梅屋敷に対し、新梅屋敷として知られるようになった。その後、さらに四季折々の草花が植えられ、百花園として広く親しまれている。
    この図は、三幅対(さんぷくつい)(三点一揃いの掛け軸)のうちの一つで、白梅の咲き誇る早春の庭の様子を描いている。百花園は当時から一般公開されており、訪ねる人も多かった。まさに春の季節にふさわしい一幅だ。
    残り二点のうちの一幅は、秋の草花が咲き乱れる百花園とそのそばを流れる隅田川、そして遠景に筑波山。もう一幅は、堂々たる富士山と古典『伊勢物語』の一場面にも登場する都鳥(ユリカモメ)が遊ぶ隅田川の光景だ。
    隅田川は古来からの名所であり、二つの山は江戸っ子が強い信仰心をささげた霊峰である。これら三幅を並べてみると、百花園の花を彩りに、江戸の人々がこよなく愛した風景を描くことが、もう一つの主題だったことがわかる。
    作者は葛飾北斎(かつしかほくさい)の弟子で、主に19世紀前半に活躍した浮世絵師蹄斎北馬(ていさいほくば)。百花園誕生のころからこの庭を楽しんできた一人だろう。

  • 角田川新梅屋敷之図
    すみだがわしんうめやしきのず
    寛政2年(1790)〜文化元年(1804)
    歌川豊国(うたがわとよくに)画

     江戸で梅の便りが聞かれるようになるのは、立春から数えて26,7日目ころからとされる。梅の名所として知られた場所は、雑司ヶ谷畑町(ぞうしがやはたけちょう)、四ッ谷新町(よつやしんまち)、亀戸(かめいど)、谷中(やなか)、隅田川寺島村(すみだがわてらじまむら)、蒲田大森(かまたおおもり)、そして東海道保土ヶ谷(ほどがや)宿から一里ほどのところにある杉田村などだ。
    なかでも隅田川寺島は、文化元年(1804年)に商人佐原鞠塢(さわらきくう)が設けた花園。そこへ大田南畝(おおたなんぽ)、加藤千陰(かとうちかげ)、谷文晁(たにぶんちょう)ら著名な文化人がこぞって梅木を寄付し、諸木薬草の類も数多く植えられ、酒井抱一(さかいほういつ)が百花園と命名したことから、一躍墨堤(ぼくてい)の新名所となった。当時、臥龍梅(がりょうばい)で名高い亀戸の梅屋敷と人気を二分したので、新梅屋敷と称されるようになった。
    桜の花見と異なるのは、梅の木の間をそぞろ歩きながら、梅の香を楽しむことにある。木の下で賑やかに宴会をするというよりは、銘木(めいぼく)や古木を愛(め)で、梅の花を評したり、歌や俳句をつくる風流な趣味人の楽しみが好まれた。
    しかし、梅見の季節は、立春を越えてもまだ肌寒い如月(きさらぎ)。梅見の美人たちも冬の身支度で着物は何とも重たげ。木の幹に寄りつくように咲いているのがなんとも健気だ。床机(しょうぎ)の上には花見弁当や徳利(とくり)、たばこ盆など花見の必需品が置かれ、酒を飲み、楊枝(ようじ)をくわえた粋な色気があたりに漂っている。
    左から目尻のつりあがった楚々(そそ)とした四人と右側でややさばけたような三人の対比。中央で目線を合わせている二人の関係も目を引く。左右二つのグループはバランスよく配置され、緊張感を生み出している。その間に入るように、後ろからタイミングよく料理を運び入れようとしている女性が、アクセントになっていておもしろい。

  • 四季諸国名所図巻
    しきしょこくめいしょずかん
    江戸後期

     東叡山寛永寺(とうえいざんかんえいじ)開基(かいき)の天海僧正(てんかいそうじょう)は桜好きであった。上野の桜は、将軍家光が天海のために吉野からわざわざ移植させたことに始まるという。
    「四季諸国名所図巻」は江戸時代後期の作(作者不明)とされるが、江戸時代前期の日本各地の名所が描かれ収められた絵巻。
    写真は上野の花見の様子だ。このころの花見といえば、一本桜を愛(め)でることが盛んで、女房の小袖(こそで)や男衆の羽織を幕とし、緋毛氈(ひもうせん)を敷いて開かれる優雅な酒宴(しゅえん)だった。
    手前の左の席では、町人の花見が描かれている。毛氈の上の娘が膝を崩して談笑している。酒を酌み交わす男のわきで三味線が弾かれ、重箱や酒樽(さかだる)も用意されている。
    右には、着物を細引き縄に通して木に結んだ中で宴会をしている。火にかけられているのは酒の燗をつける鉄瓶だろうか。親しい仲間内の気の張らない花見という感じだ。
    奥の方では、毛氈を敷き詰め、ゆったり寝ころびながら宴(うたげ)を楽しんでいる武家の花見姿が描かれる。幔幕(まんまく)から宴会の様子をのぞき見する編み笠の武士の姿も見える。武家や町人、親しい仲間同士の花見の様子が描かれており、それぞれ比較するとおもしろい。
    文政10年(1827年)に編まれた『江戸名所花暦』には、「当山(寛永寺)は東都第一の花の名所にして、彼岸桜(ひがんざくら)より咲き出でて、一重、八重追々に咲き続き、弥生(やよい)の末まで花の絶ゆる事なし」と上野の桜を賛美しているが、平成の今はどんな桜が見られるのだろう。ほろ酔い客を見る方が楽しいかもしれない。

  • 四季諸国名所図巻
    しきしょこくめいしょずかん
    江戸後期

     東叡山寛永寺(とうえいざんかんえいじ)開基(かいき)の天海僧正(てんかいそうじょう)は桜好きであった。上野の桜は、将軍家光が天海のために吉野からわざわざ移植させたことに始まるという。
    「四季諸国名所図巻」は江戸時代後期の作(作者不明)とされるが、江戸時代前期の日本各地の名所が描かれ収められた絵巻。
    写真は上野の花見の様子だ。このころの花見といえば、一本桜を愛(め)でることが盛んで、女房の小袖(こそで)や男衆の羽織を幕とし、緋毛氈(ひもうせん)を敷いて開かれる優雅な酒宴(しゅえん)だった。
    手前の左の席では、町人の花見が描かれている。毛氈の上の娘が膝を崩して談笑している。酒を酌み交わす男のわきで三味線が弾かれ、重箱や酒樽(さかだる)も用意されている。
    右には、着物を細引き縄に通して木に結んだ中で宴会をしている。火にかけられているのは酒の燗をつける鉄瓶だろうか。親しい仲間内の気の張らない花見という感じだ。
    奥の方では、毛氈を敷き詰め、ゆったり寝ころびながら宴(うたげ)を楽しんでいる武家の花見姿が描かれる。幔幕(まんまく)から宴会の様子をのぞき見する編み笠の武士の姿も見える。武家や町人、親しい仲間同士の花見の様子が描かれており、それぞれ比較するとおもしろい。
    文政10年(1827年)に編まれた『江戸名所花暦』には、「当山(寛永寺)は東都第一の花の名所にして、彼岸桜(ひがんざくら)より咲き出でて、一重、八重追々に咲き続き、弥生(やよい)の末まで花の絶ゆる事なし」と上野の桜を賛美しているが、平成の今はどんな桜が見られるのだろう。ほろ酔い客を見る方が楽しいかもしれない。

  • 隅田川東岸花見図
    すみだがわとうがんはなみず
    1811年(文化8)〜天保年間
    歌川国貞(うたがわくにさだ)画

     四季の花を愛でるのが花見だが、日本人にとって、花見といえば春の花、とりわけ桜を楽しむことに尽きよう。江戸の花見は時代が下るとともに、団体での花見や、そこで行われる娯楽を楽しむようになる。
    この肉筆浮世絵は、向島(むこうじま)、墨東(ぼくとう)と呼ばれる隅田川東岸(現在の墨田区の一部)で、花見に興じる人々の様子を描いたもの。川辺に沿って田園の広がるこの地は、四季折々の自然の変化に富み、江戸の人々が好んで出かけた行楽地の一つであった。享保期(1716〜35年)に八代将軍吉宗が桜の木を植えさせたことから、上野に続く新たな花の名所となる。江戸末期から明治にかけては、「花見の場所数ある中に、墨堤(ぼくてい)の花見に上こすにぎわいはなし」(『江戸府内絵本風俗往来』)といわれるほどであった。
    向島の土手から三囲稲荷(みめぐりいなり)の石鳥居(いしとりい)をくぐり、社(やしろ)に向かう参拝者の列が、画面の前景を横切っていく。その奥には、鯉(こい)料理で有名な料亭・葛西太郎(かさいたろう)、牛島神社(牛午前)(うしのごぜん)や弘福寺(ぐふくじ)前の物売り、角兵衛獅子(かくべえじし)などの風俗が見て取れる。川岸には、三味線とともに歌い踊り、団子をほおばる人々が、今にも動き出しそうに生き生きととらえられている。隅田川には渡し舟や屋形船、遠景には対岸の真崎稲荷(まさきいなり)や上流の木母寺(もくぼじ)付近の様子もうかがえる。
    作者は、最盛期とされる「五渡亭」(ごとてい)時代の歌川国貞(うたがわくにさだ)(後の三代豊国)(とよくに)。
    名所絵として頻繁に取り上げられたこの場面を、鳥瞰図(ちょうかんず)の手法を取り入れ、春の華やぎを鮮やかに描いている。

  • 隅田川花見
    すみだがわはなみ
    弘化4年〜嘉永5年(1847年〜1852年)
    歌川国芳(うたがわくによし)画

    江戸の花見といえばまず上野。元禄期(1688〜1703年)ごろには、桜の木々に幔幕(まんまく)を張り、緋毛氈(ひもうせん)を敷き詰め、琴や笛を奏(かな)でるぜいたくな酒宴(しゅえん)が繰り広げられた。18世紀も半ばを過ぎるころになると、団体で並木桜の下を歩きながら楽しむようになった。江戸周辺の花見の名所として王子飛鳥山(おうじあすかやま)、品川御殿山(しながわごてんやま)、小金井(こがねい)などが有名となるのもこのころで、庶民が気軽に日帰りできる行楽地だった。
    向島(むこうじま)の墨堤(ぼくてい)も花見名所のひとつ。
    「向島に至りては、隅田川の清流船の便りよく、堤上堤下(ていじょうていか)掛茶屋(かけちゃや)多くあり…堤上は左右に桜花空をかくし…」と『絵本江戸風俗往来』にある。この錦絵は、長命寺(ちょうめいじ)や木母寺(もくぼじ)のある上流に向かって墨東(ぼくとう)を歩く、娘たちの一行を描いている。
    島田髷(しまだまげ)に花簪(はなかんざし)、そろいの日傘、子どもは片袖(かたそで)を抜き、手拭いを首に巻く、幕末ころの花見スタイルをよく表している作品だ。
     手前に長く横たわるのは、江戸の名所絵にしばしば登場する三囲稲荷(みめぐりいなり)の石鳥居(いしとりい)。土手下に石鳥居の頭が少し見えたら、三囲社と決まっていた。湾曲(わんきょく)した隅田川に平行する堤と鳥居、構図の面白さも目をひく。その対岸の中央には待乳山(まつちやま)の聖天(しょうてん)さん、右には吉原に通じる山谷堀(さんやぼり)、左には浅草花川戸(あさくさはなかわど)も描かれている。鳥居の下には、目鬘(めかずら)をつけて娘らをはやし立てる男たちの顔ものぞいている。名物の団子や桜餅(さくらもち)に気を取られているのか、先を行く若い娘の浮かれた足取りがいかにも楽しげだ。
    風景画や花見風俗としての面白さに加え、表情溢れる人々の姿を現代の花見と重ねながら見るのも一興だろう。

ページTOPへ▲