注目のコレクション

  江戸東京博物館

go東京都写真美術館   go東京都現代美術館   バックナンバー

  • 東京十二題 五月雨ふる山王 1919年(大正8)
    川瀬巴水画    

    日枝神社(東京都千代田区)の境内に、女性が子守をしながら歩く風景を描く。五月雨や、青葉が繁る桜木が、初夏の情緒を伝える。

    川瀬巴水 1883年(明治16)−1957年(昭和32)
    川瀬巴水は東京市芝区露月町(現、港区新橋5丁目)に生まれ、叔父には仮名垣魯文がいる。夫人の回想記によれば、穏やかで物静かな人だったらしい。27歳のときに鏑木清方に入門し、「巴水」の画号が与えられ、生涯それを使用した。
    1918年(大正7)に「新版画」制作を提唱する版元の渡邊庄三郎のもとで、版画家としての活動を開始する。「新版画」とは、版元のもと絵師・彫師・摺師による協同制作で、芸術的に優れた完成をめざすことを提唱したものであった。渡邊版画店では他にも、伊東深水らが美人画を、名取春仙、山村耕花らが役者絵を、小原祥邨らが花鳥画の制作を行っていた。巴水は風景画を担い、生涯600点余りと「新版画」で最も制作を行った絵師となった。
    江戸東京博物館では、川瀬巴水の風景版画、作品工程の資料あわせて約300点を収蔵している。巴水は、「一度ここぞと思いますと、生れた時から住んで居る所だけに、何か自分のものと云う様な不思議な力が出て、思うままに写生が出来るのが常です」と東京を描くことについての経験を述べている。

  • 東京十二題 こま形河岸 1919年(大正8)初夏
    川瀬巴水画   

    駒形河岸の竹屋の前で、真夏の午後にスケッチしたものを版画化したという。巴水によれば、「いかにも夏らしい気持」を感じられる作品だという。

    川瀬巴水 1883年(明治16)−1957年(昭和32)
    川瀬巴水は東京市芝区露月町(現、港区新橋5丁目)に生まれ、叔父には仮名垣魯文がいる。夫人の回想記によれば、穏やかで物静かな人だったらしい。27歳のときに鏑木清方に入門し、「巴水」の画号が与えられ、生涯それを使用した。
    1918年(大正7)に「新版画」制作を提唱する版元の渡邊庄三郎のもとで、版画家としての活動を開始する。「新版画」とは、版元のもと絵師・彫師・摺師による協同制作で、芸術的に優れた完成をめざすことを提唱したものであった。渡邊版画店では他にも、伊東深水らが美人画を、名取春仙、山村耕花らが役者絵を、小原祥邨らが花鳥画の制作を行っていた。巴水は風景画を担い、生涯600点余りと「新版画」で最も制作を行った絵師となった。
    江戸東京博物館では、川瀬巴水の風景版画、作品工程の資料あわせて約300点を収蔵している。巴水は、「一度ここぞと思いますと、生れた時から住んで居る所だけに、何か自分のものと云う様な不思議な力が出て、思うままに写生が出来るのが常です」と東京を描くことについての経験を述べている。

  • 東京十二題 深川上の橋 1920年(大正9)夏
    川瀬巴水画   

    「このあたりは北斎の「隅田川両岸一覧」の当時がそぞろに想い浮かばれます」と巴水が語る作品。木の橋の下に遠景を望むこの構図は、北斎の「冨嶽三十六景 深川万年橋」を想起させる。

    川瀬巴水 1883年(明治16)−1957年(昭和32)
    川瀬巴水は東京市芝区露月町(現、港区新橋5丁目)に生まれ、叔父には仮名垣魯文がいる。夫人の回想記によれば、穏やかで物静かな人だったらしい。27歳のときに鏑木清方に入門し、「巴水」の画号が与えられ、生涯それを使用した。
    1918年(大正7)に「新版画」制作を提唱する版元の渡邊庄三郎のもとで、版画家としての活動を開始する。「新版画」とは、版元のもと絵師・彫師・摺師による協同制作で、芸術的に優れた完成をめざすことを提唱したものであった。渡邊版画店では他にも、伊東深水らが美人画を、名取春仙、山村耕花らが役者絵を、小原祥邨らが花鳥画の制作を行っていた。巴水は風景画を担い、生涯600点余りと「新版画」で最も制作を行った絵師となった。
    江戸東京博物館では、川瀬巴水の風景版画、作品工程の資料あわせて約300点を収蔵している。巴水は、「一度ここぞと思いますと、生れた時から住んで居る所だけに、何か自分のものと云う様な不思議な力が出て、思うままに写生が出来るのが常です」と東京を描くことについての経験を述べている。

  • 東京十二ヶ月 谷中の夕映 1921年(大正10)1月25日
    川瀬巴水画    

    谷中の感応寺の五重塔。夕陽を受けた姿が表現されている。この塔は、昭和32年7月に放火により焼失し、現在は跡だけが残る。

    川瀬巴水 1883年(明治16)−1957年(昭和32)
    川瀬巴水は東京市芝区露月町(現、港区新橋5丁目)に生まれ、叔父には仮名垣魯文がいる。夫人の回想記によれば、穏やかで物静かな人だったらしい。27歳のときに鏑木清方に入門し、「巴水」の画号が与えられ、生涯それを使用した。
    1918年(大正7)に「新版画」制作を提唱する版元の渡邊庄三郎のもとで、版画家としての活動を開始する。「新版画」とは、版元のもと絵師・彫師・摺師による協同制作で、芸術的に優れた完成をめざすことを提唱したものであった。渡邊版画店では他にも、伊東深水らが美人画を、名取春仙、山村耕花らが役者絵を、小原祥邨らが花鳥画の制作を行っていた。巴水は風景画を担い、生涯600点余りと「新版画」で最も制作を行った絵師となった。
    江戸東京博物館では、川瀬巴水の風景版画、作品工程の資料あわせて約300点を収蔵している。巴水は、「一度ここぞと思いますと、生れた時から住んで居る所だけに、何か自分のものと云う様な不思議な力が出て、思うままに写生が出来るのが常です」と東京を描くことについての経験を述べている。

  • 東京二十景 明石町の雨後 原画 1928年(昭和3)
    川瀬巴水画    

    「東京二十景 明石町の雨後」の原画。完成作品では姿のない、和服の女性が描かれている。

    川瀬巴水 1883年(明治16)−1957年(昭和32)
    川瀬巴水は東京市芝区露月町(現、港区新橋5丁目)に生まれ、叔父には仮名垣魯文がいる。夫人の回想記によれば、穏やかで物静かな人だったらしい。27歳のときに鏑木清方に入門し、「巴水」の画号が与えられ、生涯それを使用した。
    1918年(大正7)に「新版画」制作を提唱する版元の渡邊庄三郎のもとで、版画家としての活動を開始する。「新版画」とは、版元のもと絵師・彫師・摺師による協同制作で、芸術的に優れた完成をめざすことを提唱したものであった。渡邊版画店では他にも、伊東深水らが美人画を、名取春仙、山村耕花らが役者絵を、小原祥邨らが花鳥画の制作を行っていた。巴水は風景画を担い、生涯600点余りと「新版画」で最も制作を行った絵師となった。
    江戸東京博物館では、川瀬巴水の風景版画、作品工程の資料あわせて約300点を収蔵している。巴水は、「一度ここぞと思いますと、生れた時から住んで居る所だけに、何か自分のものと云う様な不思議な力が出て、思うままに写生が出来るのが常です」と東京を描くことについての経験を述べている。

  • 東京二十景 馬込の月 1930年(昭和5)
    川瀬巴水画   

    馬込(東京都大田区)は川瀬巴水が暮していた、もっとも身近な場所だった。巴水自身も馬込で暮していた時代(昭和前期)がもっとも人生で楽しかったと振り返ったという。この松も今はない。

    川瀬巴水 1883年(明治16)−1957年(昭和32)
    川瀬巴水は東京市芝区露月町(現、港区新橋5丁目)に生まれ、叔父には仮名垣魯文がいる。夫人の回想記によれば、穏やかで物静かな人だったらしい。27歳のときに鏑木清方に入門し、「巴水」の画号が与えられ、生涯それを使用した。
    1918年(大正7)に「新版画」制作を提唱する版元の渡邊庄三郎のもとで、版画家としての活動を開始する。「新版画」とは、版元のもと絵師・彫師・摺師による協同制作で、芸術的に優れた完成をめざすことを提唱したものであった。渡邊版画店では他にも、伊東深水らが美人画を、名取春仙、山村耕花らが役者絵を、小原祥邨らが花鳥画の制作を行っていた。巴水は風景画を担い、生涯600点余りと「新版画」で最も制作を行った絵師となった。
    江戸東京博物館では、川瀬巴水の風景版画、作品工程の資料あわせて約300点を収蔵している。巴水は、「一度ここぞと思いますと、生れた時から住んで居る所だけに、何か自分のものと云う様な不思議な力が出て、思うままに写生が出来るのが常です」と東京を描くことについての経験を述べている。

  • 清洲橋 1931年(昭和6)
    川瀬巴水画    

    清洲橋は、関東大震災の震災復興事業として、1928年(昭和3)に隅田川に架橋された。もともと中州の渡しがあった場所で、橋の下の荷舟にその面影をふりかえさせる。

    川瀬巴水 1883年(明治16)−1957年(昭和32)
    川瀬巴水は東京市芝区露月町(現、港区新橋5丁目)に生まれ、叔父には仮名垣魯文がいる。夫人の回想記によれば、穏やかで物静かな人だったらしい。27歳のときに鏑木清方に入門し、「巴水」の画号が与えられ、生涯それを使用した。
    1918年(大正7)に「新版画」制作を提唱する版元の渡邊庄三郎のもとで、版画家としての活動を開始する。「新版画」とは、版元のもと絵師・彫師・摺師による協同制作で、芸術的に優れた完成をめざすことを提唱したものであった。渡邊版画店では他にも、伊東深水らが美人画を、名取春仙、山村耕花らが役者絵を、小原祥邨らが花鳥画の制作を行っていた。巴水は風景画を担い、生涯600点余りと「新版画」で最も制作を行った絵師となった。
    江戸東京博物館では、川瀬巴水の風景版画、作品工程の資料あわせて約300点を収蔵している。巴水は、「一度ここぞと思いますと、生れた時から住んで居る所だけに、何か自分のものと云う様な不思議な力が出て、思うままに写生が出来るのが常です」と東京を描くことについての経験を述べている。

  • 日本橋(夜明) 1940年(昭和10)
    川瀬巴水画

    晴れやかな日本橋を描いた作品。東海道の作品集の企画が進められ、描かれたものという。巴水は、名所や旧跡を正面から捉えることはあまり好まなかったらしく、その意味でも大変珍しい作品といえる。

    川瀬巴水 1883年(明治16)−1957年(昭和32)
    川瀬巴水は東京市芝区露月町(現、港区新橋5丁目)に生まれ、叔父には仮名垣魯文がいる。夫人の回想記によれば、穏やかで物静かな人だったらしい。27歳のときに鏑木清方に入門し、「巴水」の画号が与えられ、生涯それを使用した。
    1918年(大正7)に「新版画」制作を提唱する版元の渡邊庄三郎のもとで、版画家としての活動を開始する。「新版画」とは、版元のもと絵師・彫師・摺師による協同制作で、芸術的に優れた完成をめざすことを提唱したものであった。渡邊版画店では他にも、伊東深水らが美人画を、名取春仙、山村耕花らが役者絵を、小原祥邨らが花鳥画の制作を行っていた。巴水は風景画を担い、生涯600点余りと「新版画」で最も制作を行った絵師となった。
    江戸東京博物館では、川瀬巴水の風景版画、作品工程の資料あわせて約300点を収蔵している。巴水は、「一度ここぞと思いますと、生れた時から住んで居る所だけに、何か自分のものと云う様な不思議な力が出て、思うままに写生が出来るのが常です」と東京を描くことについての経験を述べている。

ページTOPへ▲