注目のコレクション

  江戸東京博物館

go東京都写真美術館   go東京都現代美術館   バックナンバー

  • 冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏
    北斎改為一筆
    冨嶽三十六景 
    北斎の風景版画のなかで最も知られるシリーズ作品。全46図。1回にまとめて刊行されたたのではなく、いくつかのグループで数年の間に制作されたものと考えられている。柳亭種彦『正本製[ルビ しょうほんじたて]』の巻末に「冨嶽三十六景、前北斎為一翁画、藍摺一枚」と題した広告が見られ、一枚に一景ずつ描き、追々出版していくという広告文が載せられている。

    冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏
    北斎改為一筆
    西村屋与八/版
    1831年頃(天保2)
    大きな波と波に飲み込まれそうな舟にしがみ付く船頭ら、沖の向こうに富士山が描かれる。
    作曲家ドビュッシーが「海」を制作する影響を与え、画家ゴッホが弟宛の手紙で激賞したという話が伝わる、国内外でもっとも評価が高い作品である。

  • 冨嶽三十六景 山下白雨
    北斎改為一筆
    冨嶽三十六景 
    北斎の風景版画のなかで最も知られるシリーズ作品。全46図。1回にまとめて刊行されたたのではなく、いくつかのグループで数年の間に制作されたものと考えられている。柳亭種彦『正本製[ルビ しょうほんじたて]』の巻末に「冨嶽三十六景、前北斎為一翁画、藍摺一枚」と題した広告が見られ、一枚に一景ずつ描き、追々出版していくという広告文が載せられている。

    冨嶽三十六景 山下白雨
    北斎改為一筆
    西村屋与八/版
    1831年頃(天保2)
    白雨とは、明るい空から降る雨、にわか雨のこと。富士山の山頂は晴れているが、麓では稲妻が光り、雨を降らす雨雲が広がっている。

  • 冨嶽三十六景 深川万年橋下
    北斎改為一筆
    冨嶽三十六景 
    北斎の風景版画のなかで最も知られるシリーズ作品。全46図。1回にまとめて刊行されたたのではなく、いくつかのグループで数年の間に制作されたものと考えられている。柳亭種彦『正本製[ルビ しょうほんじたて]』の巻末に「冨嶽三十六景、前北斎為一翁画、藍摺一枚」と題した広告が見られ、一枚に一景ずつ描き、追々出版していくという広告文が載せられている。

    冨嶽三十六景 深川万年橋下
    北斎改為一筆
    西村屋与八/版
    1831年頃(天保2)
    小名木川と隅田川の合流地点にかかる万年橋を描いたもの。橋の下から富士山を望む構図は、河村岷雪『百富士』「橋下」から着想を得たものと考えられている。

  • 冨嶽三十六景 尾州不二見原
    北斎改為一筆
    冨嶽三十六景 
    北斎の風景版画のなかで最も知られるシリーズ作品。全46図。1回にまとめて刊行されたたのではなく、いくつかのグループで数年の間に制作されたものと考えられている。柳亭種彦『正本製[ルビ しょうほんじたて]』の巻末に「冨嶽三十六景、前北斎為一翁画、藍摺一枚」と題した広告が見られ、一枚に一景ずつ描き、追々出版していくという広告文が載せられている。

    冨嶽三十六景 尾州不二見原
    北斎改為一筆
    西村屋与八/版
    1831年頃(天保2)
    尾州不二見原(富士見原)は現在の名古屋市中区富士見町。大樽の向こう側に小さく三角形の富士山が見える。

  • 冨嶽三十六景 御厩川岸より両国橋夕陽見
    前北斎為一筆
    冨嶽三十六景 
    北斎の風景版画のなかで最も知られるシリーズ作品。全46図。1回にまとめて刊行されたたのではなく、いくつかのグループで数年の間に制作されたものと考えられている。柳亭種彦『正本製[ルビ しょうほんじたて]』の巻末に「冨嶽三十六景、前北斎為一翁画、藍摺一枚」と題した広告が見られ、一枚に一景ずつ描き、追々出版していくという広告文が載せられている。

    冨嶽三十六景 御厩川岸より両国橋夕陽見
    前北斎為一筆
    西村屋与八/版
    1831年頃(天保2)
     隅田川の上流から両国橋を望む図。富士山の方向に夕日がかたむく。手前の渡し舟は御厩の渡し。

  • 冨嶽三十六景 本所立川
    前北斎為一筆
    冨嶽三十六景 
    北斎の風景版画のなかで最も知られるシリーズ作品。全46図。1回にまとめて刊行されたたのではなく、いくつかのグループで数年の間に制作されたものと考えられている。柳亭種彦『正本製[ルビ しょうほんじたて]』の巻末に「冨嶽三十六景、前北斎為一翁画、藍摺一枚」と題した広告が見られ、一枚に一景ずつ描き、追々出版していくという広告文が載せられている。

    冨嶽三十六景 本所立川
    前北斎為一筆
    西村屋与八/版
    1831年頃(天保2)
    本所立川の材木問屋の作業風景。立てかけられた材木の合間から富士山が見える。問屋の看板に「西村置場」、木材には「新板三拾六不二仕入」とあり、版元の西村屋と「冨嶽三十六景」をさりげなく宣伝している。薪が投げられる瞬間を写した図。

  • 冨嶽三十六景 隠田の水車
    前北斎為一筆
    冨嶽三十六景 
    北斎の風景版画のなかで最も知られるシリーズ作品。全46図。1回にまとめて刊行されたたのではなく、いくつかのグループで数年の間に制作されたものと考えられている。柳亭種彦『正本製[ルビ しょうほんじたて]』の巻末に「冨嶽三十六景、前北斎為一翁画、藍摺一枚」と題した広告が見られ、一枚に一景ずつ描き、追々出版していくという広告文が載せられている。

    冨嶽三十六景 隠田の水車
    前北斎為一筆
    西村屋与八/版
    1831年頃(天保2)
     隠田村は現在の原宿から表参道あたり。奥に流れる隠田川(現、渋谷川)から水を引き入れ、粉をひいている人びとの様子を描く。北斎は水車の回転を表現したかったものと考えられる。

  • 冨嶽三十六景 江戸日本橋
    前北斎為一筆
    冨嶽三十六景 
    北斎の風景版画のなかで最も知られるシリーズ作品。全46図。1回にまとめて刊行されたたのではなく、いくつかのグループで数年の間に制作されたものと考えられている。柳亭種彦『正本製[ルビ しょうほんじたて]』の巻末に「冨嶽三十六景、前北斎為一翁画、藍摺一枚」と題した広告が見られ、一枚に一景ずつ描き、追々出版していくという広告文が載せられている。

    冨嶽三十六景 江戸日本橋
    前北斎為一筆
    西村屋与八/版
    1831年頃(天保2)
     日本橋から江戸城、富士山を見通した図。日本橋は江戸の中心として発展し、大勢の人びとでにぎわった。この図で北斎は、橋の全容はあえて描かず、わずかに擬宝珠(ぎぼし)一つと、物と人の煩雑な交流を描き、この地を象徴的に表現している。

  • 冨嶽三十六景 江都駿河町三井見世略図
    前北斎為一筆
    冨嶽三十六景 
    北斎の風景版画のなかで最も知られるシリーズ作品。全46図。1回にまとめて刊行されたたのではなく、いくつかのグループで数年の間に制作されたものと考えられている。柳亭種彦『正本製[ルビ しょうほんじたて]』の巻末に「冨嶽三十六景、前北斎為一翁画、藍摺一枚」と題した広告が見られ、一枚に一景ずつ描き、追々出版していくという広告文が載せられている。

    冨嶽三十六景 江都駿河町三井見世略図
    前北斎為一筆
    西村屋与八/版
    1831年頃(天保2)
     日本橋駿河町の越後屋より富士山を見晴らす図。屋根瓦の葺き替え作業が行なわれている。空には凧があげられていることから、お正月の光景と考えられる。中央の凧には「寿」の文字があり、正月を祝う意味と、「冨嶽三十六景」の版元である西村屋与八の店名「永寿堂」から一文字とったものと思われる。

  • 冨嶽三十六景 五百らかん寺さざゐ堂
    前北斎為一筆
    冨嶽三十六景 
    北斎の風景版画のなかで最も知られるシリーズ作品。全46図。1回にまとめて刊行されたたのではなく、いくつかのグループで数年の間に制作されたものと考えられている。柳亭種彦『正本製[ルビ しょうほんじたて]』の巻末に「冨嶽三十六景、前北斎為一翁画、藍摺一枚」と題した広告が見られ、一枚に一景ずつ描き、追々出版していくという広告文が載せられている。

    冨嶽三十六景 五百らかん寺さざゐ堂
    前北斎為一筆
    西村屋与八/版
    1831年頃(天保2)
    五百羅漢寺は本所竪川五つ目(現在の江東区大島3)にあり、江戸名所の一つで有名であった。「さざい堂」はその寺内にあった三階建ての堂宇で、そこから江戸の眺望がすばらしく、参拝とともに楽しまれた。

  • 冨嶽三十六景 東海道品川御殿山ノ不二
    前北斎為一筆
    冨嶽三十六景 
    北斎の風景版画のなかで最も知られるシリーズ作品。全46図。1回にまとめて刊行されたたのではなく、いくつかのグループで数年の間に制作されたものと考えられている。柳亭種彦『正本製[ルビ しょうほんじたて]』の巻末に「冨嶽三十六景、前北斎為一翁画、藍摺一枚」と題した広告が見られ、一枚に一景ずつ描き、追々出版していくという広告文が載せられている。

    冨嶽三十六景 東海道品川御殿山ノ不二
    前北斎為一筆
    西村屋与八/版
    1831年頃(天保2)
    寛文年間に吉野山から桜が移植され、享保年間には桜の名所として、上野や飛鳥山とならび人びとで賑わうようになった。御殿山は、広重も江戸名所の錦絵で多くとり上げるが、北斎は桜の木をより空高く描いている。

  • 冨嶽三十六景 凱風快晴
    前北斎為一筆
    冨嶽三十六景 
    北斎の風景版画のなかで最も知られるシリーズ作品。全46図。1回にまとめて刊行されたたのではなく、いくつかのグループで数年の間に制作されたものと考えられている。柳亭種彦『正本製[ルビ しょうほんじたて]』の巻末に「冨嶽三十六景、前北斎為一翁画、藍摺一枚」と題した広告が見られ、一枚に一景ずつ描き、追々出版していくという広告文が載せられている。

    冨嶽三十六景 凱風快晴
    前北斎為一筆
    西村屋与八/版
    1831年頃(天保2)
     「冨嶽三十六景」の作品のなかでも有名なこの作品は、どこの場所から富士山をとらえたのかわかっていない。通称「赤富士」ともよばれる作品である。早朝のわずかな朝焼けに赤く染まる時間を捉えている。

ページTOPへ▲