注目のコレクション

  江戸東京博物館

go東京都写真美術館   go東京都現代美術館   バックナンバー

  • 名所江戸百景 玉川堤の花
    歌川広重
    歌川広重の代表作として知られる浮世絵シリーズ。「百景」という名が付けられているが、目録などを含めて全120図の作品群である。江戸東京博物館には全図が所蔵されている。
     「名所江戸百景」は1856年(安政3)より1858年まで、下谷新黒門町(現、台東区植野)の魚屋栄吉版より刊行された。広重が亡くなったあと、2代広重が「赤坂桐畑雨中夕【あかさかきりばたけうちゅうゆう】けい」を付け加え、また梅素亭玄魚【ばいそてい げんぎょ】の図案で「目録」が作られている。この大型の揃い物は、ゴッホが模写したことでも知られる「亀戸梅屋舗」や「大はしあたけの夕立」などで、美術の教科書や、日本美術史の図鑑に、数多く取り上げられている。
     形式は大判の縦型の画面で、内容は江戸と近郊の名所の風景である。広重は江戸名所の作品を数多く制作したが、この揃い物は、名所に由来する事物を画面前面に極端に大きく描き出す手法や、典型的な江戸名所が抜け落ち、あまり有名でない場所がとり上げるなど、従来の作品に見られない特徴がある。
    近年このシリーズは、定説化している「目録」での春夏秋冬による区分けや順序が、広重自身の意図ではなかったことが考えられ、版本『江戸名所図会』との関係、1855年の安政江戸地震との関連など、さまざまなアプローチで読み解きがされている。美術ファンならずとも、目をはなせない浮世絵シリーズである。

    歌川広重【うたがわひろしげ】
    1797年(寛政9)〜1857(安政6)
     幕府定火消【じょうびけし】同心安藤源右衛門の子として、江戸の八代洲【やよす】河岸(現、丸の内馬場先門辺り)の同心屋敷に生まれる。幼名は徳太郎。
     1811年(文化8)に浮世絵師の歌川豊広【とよひろ】へ入門した。風景画の絵師としての道が定まったのが、1834年(天保4)に刊行された保永堂【ほえいどう】版「東海道五拾三次【とうかいどうごじゅうさんつぎ】」である。その後、江戸や日本各地の風景画を次つぎに刊行し、名所絵師の地位を不動のものとした。1857年9月6日の明け方に亡くなった。

  • 名所江戸百景 品川御殿やま
    歌川広重
    歌川広重の代表作として知られる浮世絵シリーズ。「百景」という名が付けられているが、目録などを含めて全120図の作品群である。江戸東京博物館には全図が所蔵されている。
     「名所江戸百景」は1856年(安政3)より1858年まで、下谷新黒門町(現、台東区植野)の魚屋栄吉版より刊行された。広重が亡くなったあと、2代広重が「赤坂桐畑雨中夕【あかさかきりばたけうちゅうゆう】けい」を付け加え、また梅素亭玄魚【ばいそてい げんぎょ】の図案で「目録」が作られている。この大型の揃い物は、ゴッホが模写したことでも知られる「亀戸梅屋舗」や「大はしあたけの夕立」などで、美術の教科書や、日本美術史の図鑑に、数多く取り上げられている。
     形式は大判の縦型の画面で、内容は江戸と近郊の名所の風景である。広重は江戸名所の作品を数多く制作したが、この揃い物は、名所に由来する事物を画面前面に極端に大きく描き出す手法や、典型的な江戸名所が抜け落ち、あまり有名でない場所がとり上げるなど、従来の作品に見られない特徴がある。
    近年このシリーズは、定説化している「目録」での春夏秋冬による区分けや順序が、広重自身の意図ではなかったことが考えられ、版本『江戸名所図会』との関係、1855年の安政江戸地震との関連など、さまざまなアプローチで読み解きがされている。美術ファンならずとも、目をはなせない浮世絵シリーズである。

    歌川広重【うたがわひろしげ】
    1797年(寛政9)〜1857(安政6)
     幕府定火消【じょうびけし】同心安藤源右衛門の子として、江戸の八代洲【やよす】河岸(現、丸の内馬場先門辺り)の同心屋敷に生まれる。幼名は徳太郎。
     1811年(文化8)に浮世絵師の歌川豊広【とよひろ】へ入門した。風景画の絵師としての道が定まったのが、1834年(天保4)に刊行された保永堂【ほえいどう】版「東海道五拾三次【とうかいどうごじゅうさんつぎ】」である。その後、江戸や日本各地の風景画を次つぎに刊行し、名所絵師の地位を不動のものとした。1857年9月6日の明け方に亡くなった。

  • 名所江戸百景 上野清水堂不忍池
    歌川広重
    歌川広重の代表作として知られる浮世絵シリーズ。「百景」という名が付けられているが、目録などを含めて全120図の作品群である。江戸東京博物館には全図が所蔵されている。
     「名所江戸百景」は1856年(安政3)より1858年まで、下谷新黒門町(現、台東区植野)の魚屋栄吉版より刊行された。広重が亡くなったあと、2代広重が「赤坂桐畑雨中夕【あかさかきりばたけうちゅうゆう】けい」を付け加え、また梅素亭玄魚【ばいそてい げんぎょ】の図案で「目録」が作られている。この大型の揃い物は、ゴッホが模写したことでも知られる「亀戸梅屋舗」や「大はしあたけの夕立」などで、美術の教科書や、日本美術史の図鑑に、数多く取り上げられている。
     形式は大判の縦型の画面で、内容は江戸と近郊の名所の風景である。広重は江戸名所の作品を数多く制作したが、この揃い物は、名所に由来する事物を画面前面に極端に大きく描き出す手法や、典型的な江戸名所が抜け落ち、あまり有名でない場所がとり上げるなど、従来の作品に見られない特徴がある。
    近年このシリーズは、定説化している「目録」での春夏秋冬による区分けや順序が、広重自身の意図ではなかったことが考えられ、版本『江戸名所図会』との関係、1855年の安政江戸地震との関連など、さまざまなアプローチで読み解きがされている。美術ファンならずとも、目をはなせない浮世絵シリーズである。

    歌川広重【うたがわひろしげ】
    1797年(寛政9)〜1857(安政6)
     幕府定火消【じょうびけし】同心安藤源右衛門の子として、江戸の八代洲【やよす】河岸(現、丸の内馬場先門辺り)の同心屋敷に生まれる。幼名は徳太郎。
     1811年(文化8)に浮世絵師の歌川豊広【とよひろ】へ入門した。風景画の絵師としての道が定まったのが、1834年(天保4)に刊行された保永堂【ほえいどう】版「東海道五拾三次【とうかいどうごじゅうさんつぎ】」である。その後、江戸や日本各地の風景画を次つぎに刊行し、名所絵師の地位を不動のものとした。1857年9月6日の明け方に亡くなった。

  • 名所江戸百景 砂むら元八まん
    歌川広重
    歌川広重の代表作として知られる浮世絵シリーズ。「百景」という名が付けられているが、目録などを含めて全120図の作品群である。江戸東京博物館には全図が所蔵されている。
     「名所江戸百景」は1856年(安政3)より1858年まで、下谷新黒門町(現、台東区植野)の魚屋栄吉版より刊行された。広重が亡くなったあと、2代広重が「赤坂桐畑雨中夕【あかさかきりばたけうちゅうゆう】けい」を付け加え、また梅素亭玄魚【ばいそてい げんぎょ】の図案で「目録」が作られている。この大型の揃い物は、ゴッホが模写したことでも知られる「亀戸梅屋舗」や「大はしあたけの夕立」などで、美術の教科書や、日本美術史の図鑑に、数多く取り上げられている。
     形式は大判の縦型の画面で、内容は江戸と近郊の名所の風景である。広重は江戸名所の作品を数多く制作したが、この揃い物は、名所に由来する事物を画面前面に極端に大きく描き出す手法や、典型的な江戸名所が抜け落ち、あまり有名でない場所がとり上げるなど、従来の作品に見られない特徴がある。
    近年このシリーズは、定説化している「目録」での春夏秋冬による区分けや順序が、広重自身の意図ではなかったことが考えられ、版本『江戸名所図会』との関係、1855年の安政江戸地震との関連など、さまざまなアプローチで読み解きがされている。美術ファンならずとも、目をはなせない浮世絵シリーズである。

    歌川広重【うたがわひろしげ】
    1797年(寛政9)〜1857(安政6)
     幕府定火消【じょうびけし】同心安藤源右衛門の子として、江戸の八代洲【やよす】河岸(現、丸の内馬場先門辺り)の同心屋敷に生まれる。幼名は徳太郎。
     1811年(文化8)に浮世絵師の歌川豊広【とよひろ】へ入門した。風景画の絵師としての道が定まったのが、1834年(天保4)に刊行された保永堂【ほえいどう】版「東海道五拾三次【とうかいどうごじゅうさんつぎ】」である。その後、江戸や日本各地の風景画を次つぎに刊行し、名所絵師の地位を不動のものとした。1857年9月6日の明け方に亡くなった。

  • 名所江戸百景 亀戸天神境内
    歌川広重
    歌川広重の代表作として知られる浮世絵シリーズ。「百景」という名が付けられているが、目録などを含めて全120図の作品群である。江戸東京博物館には全図が所蔵されている。
     「名所江戸百景」は1856年(安政3)より1858年まで、下谷新黒門町(現、台東区植野)の魚屋栄吉版より刊行された。広重が亡くなったあと、2代広重が「赤坂桐畑雨中夕【あかさかきりばたけうちゅうゆう】けい」を付け加え、また梅素亭玄魚【ばいそてい げんぎょ】の図案で「目録」が作られている。この大型の揃い物は、ゴッホが模写したことでも知られる「亀戸梅屋舗」や「大はしあたけの夕立」などで、美術の教科書や、日本美術史の図鑑に、数多く取り上げられている。
     形式は大判の縦型の画面で、内容は江戸と近郊の名所の風景である。広重は江戸名所の作品を数多く制作したが、この揃い物は、名所に由来する事物を画面前面に極端に大きく描き出す手法や、典型的な江戸名所が抜け落ち、あまり有名でない場所がとり上げるなど、従来の作品に見られない特徴がある。
    近年このシリーズは、定説化している「目録」での春夏秋冬による区分けや順序が、広重自身の意図ではなかったことが考えられ、版本『江戸名所図会』との関係、1855年の安政江戸地震との関連など、さまざまなアプローチで読み解きがされている。美術ファンならずとも、目をはなせない浮世絵シリーズである。

    歌川広重【うたがわひろしげ】
    1797年(寛政9)〜1857(安政6)
     幕府定火消【じょうびけし】同心安藤源右衛門の子として、江戸の八代洲【やよす】河岸(現、丸の内馬場先門辺り)の同心屋敷に生まれる。幼名は徳太郎。
     1811年(文化8)に浮世絵師の歌川豊広【とよひろ】へ入門した。風景画の絵師としての道が定まったのが、1834年(天保4)に刊行された保永堂【ほえいどう】版「東海道五拾三次【とうかいどうごじゅうさんつぎ】」である。その後、江戸や日本各地の風景画を次つぎに刊行し、名所絵師の地位を不動のものとした。1857年9月6日の明け方に亡くなった。

  • 名所江戸百景 隅田水神の森真崎
    歌川広重
    歌川広重の代表作として知られる浮世絵シリーズ。「百景」という名が付けられているが、目録などを含めて全120図の作品群である。江戸東京博物館には全図が所蔵されている。
     「名所江戸百景」は1856年(安政3)より1858年まで、下谷新黒門町(現、台東区植野)の魚屋栄吉版より刊行された。広重が亡くなったあと、2代広重が「赤坂桐畑雨中夕【あかさかきりばたけうちゅうゆう】けい」を付け加え、また梅素亭玄魚【ばいそてい げんぎょ】の図案で「目録」が作られている。この大型の揃い物は、ゴッホが模写したことでも知られる「亀戸梅屋舗」や「大はしあたけの夕立」などで、美術の教科書や、日本美術史の図鑑に、数多く取り上げられている。
     形式は大判の縦型の画面で、内容は江戸と近郊の名所の風景である。広重は江戸名所の作品を数多く制作したが、この揃い物は、名所に由来する事物を画面前面に極端に大きく描き出す手法や、典型的な江戸名所が抜け落ち、あまり有名でない場所がとり上げるなど、従来の作品に見られない特徴がある。
    近年このシリーズは、定説化している「目録」での春夏秋冬による区分けや順序が、広重自身の意図ではなかったことが考えられ、版本『江戸名所図会』との関係、1855年の安政江戸地震との関連など、さまざまなアプローチで読み解きがされている。美術ファンならずとも、目をはなせない浮世絵シリーズである。

    歌川広重【うたがわひろしげ】
    1797年(寛政9)〜1857(安政6)
     幕府定火消【じょうびけし】同心安藤源右衛門の子として、江戸の八代洲【やよす】河岸(現、丸の内馬場先門辺り)の同心屋敷に生まれる。幼名は徳太郎。
     1811年(文化8)に浮世絵師の歌川豊広【とよひろ】へ入門した。風景画の絵師としての道が定まったのが、1834年(天保4)に刊行された保永堂【ほえいどう】版「東海道五拾三次【とうかいどうごじゅうさんつぎ】」である。その後、江戸や日本各地の風景画を次つぎに刊行し、名所絵師の地位を不動のものとした。1857年9月6日の明け方に亡くなった。

  • 名所江戸百景 堀切の花菖蒲
    歌川広重
    歌川広重の代表作として知られる浮世絵シリーズ。「百景」という名が付けられているが、目録などを含めて全120図の作品群である。江戸東京博物館には全図が所蔵されている。
     「名所江戸百景」は1856年(安政3)より1858年まで、下谷新黒門町(現、台東区植野)の魚屋栄吉版より刊行された。広重が亡くなったあと、2代広重が「赤坂桐畑雨中夕【あかさかきりばたけうちゅうゆう】けい」を付け加え、また梅素亭玄魚【ばいそてい げんぎょ】の図案で「目録」が作られている。この大型の揃い物は、ゴッホが模写したことでも知られる「亀戸梅屋舗」や「大はしあたけの夕立」などで、美術の教科書や、日本美術史の図鑑に、数多く取り上げられている。
     形式は大判の縦型の画面で、内容は江戸と近郊の名所の風景である。広重は江戸名所の作品を数多く制作したが、この揃い物は、名所に由来する事物を画面前面に極端に大きく描き出す手法や、典型的な江戸名所が抜け落ち、あまり有名でない場所がとり上げるなど、従来の作品に見られない特徴がある。
    近年このシリーズは、定説化している「目録」での春夏秋冬による区分けや順序が、広重自身の意図ではなかったことが考えられ、版本『江戸名所図会』との関係、1855年の安政江戸地震との関連など、さまざまなアプローチで読み解きがされている。美術ファンならずとも、目をはなせない浮世絵シリーズである。

    歌川広重【うたがわひろしげ】
    1797年(寛政9)〜1857(安政6)
     幕府定火消【じょうびけし】同心安藤源右衛門の子として、江戸の八代洲【やよす】河岸(現、丸の内馬場先門辺り)の同心屋敷に生まれる。幼名は徳太郎。
     1811年(文化8)に浮世絵師の歌川豊広【とよひろ】へ入門した。風景画の絵師としての道が定まったのが、1834年(天保4)に刊行された保永堂【ほえいどう】版「東海道五拾三次【とうかいどうごじゅうさんつぎ】」である。その後、江戸や日本各地の風景画を次つぎに刊行し、名所絵師の地位を不動のものとした。1857年9月6日の明け方に亡くなった。

  • 名所江戸百景 水道橋駿河台
    歌川広重
    歌川広重の代表作として知られる浮世絵シリーズ。「百景」という名が付けられているが、目録などを含めて全120図の作品群である。江戸東京博物館には全図が所蔵されている。
     「名所江戸百景」は1856年(安政3)より1858年まで、下谷新黒門町(現、台東区植野)の魚屋栄吉版より刊行された。広重が亡くなったあと、2代広重が「赤坂桐畑雨中夕【あかさかきりばたけうちゅうゆう】けい」を付け加え、また梅素亭玄魚【ばいそてい げんぎょ】の図案で「目録」が作られている。この大型の揃い物は、ゴッホが模写したことでも知られる「亀戸梅屋舗」や「大はしあたけの夕立」などで、美術の教科書や、日本美術史の図鑑に、数多く取り上げられている。
     形式は大判の縦型の画面で、内容は江戸と近郊の名所の風景である。広重は江戸名所の作品を数多く制作したが、この揃い物は、名所に由来する事物を画面前面に極端に大きく描き出す手法や、典型的な江戸名所が抜け落ち、あまり有名でない場所がとり上げるなど、従来の作品に見られない特徴がある。
    近年このシリーズは、定説化している「目録」での春夏秋冬による区分けや順序が、広重自身の意図ではなかったことが考えられ、版本『江戸名所図会』との関係、1855年の安政江戸地震との関連など、さまざまなアプローチで読み解きがされている。美術ファンならずとも、目をはなせない浮世絵シリーズである。

    歌川広重【うたがわひろしげ】
    1797年(寛政9)〜1857(安政6)
     幕府定火消【じょうびけし】同心安藤源右衛門の子として、江戸の八代洲【やよす】河岸(現、丸の内馬場先門辺り)の同心屋敷に生まれる。幼名は徳太郎。
     1811年(文化8)に浮世絵師の歌川豊広【とよひろ】へ入門した。風景画の絵師としての道が定まったのが、1834年(天保4)に刊行された保永堂【ほえいどう】版「東海道五拾三次【とうかいどうごじゅうさんつぎ】」である。その後、江戸や日本各地の風景画を次つぎに刊行し、名所絵師の地位を不動のものとした。1857年9月6日の明け方に亡くなった。

  • 名所江戸百景 吾妻橋金龍山遠望
    歌川広重
    歌川広重の代表作として知られる浮世絵シリーズ。「百景」という名が付けられているが、目録などを含めて全120図の作品群である。江戸東京博物館には全図が所蔵されている。
     「名所江戸百景」は1856年(安政3)より1858年まで、下谷新黒門町(現、台東区植野)の魚屋栄吉版より刊行された。広重が亡くなったあと、2代広重が「赤坂桐畑雨中夕【あかさかきりばたけうちゅうゆう】けい」を付け加え、また梅素亭玄魚【ばいそてい げんぎょ】の図案で「目録」が作られている。この大型の揃い物は、ゴッホが模写したことでも知られる「亀戸梅屋舗」や「大はしあたけの夕立」などで、美術の教科書や、日本美術史の図鑑に、数多く取り上げられている。
     形式は大判の縦型の画面で、内容は江戸と近郊の名所の風景である。広重は江戸名所の作品を数多く制作したが、この揃い物は、名所に由来する事物を画面前面に極端に大きく描き出す手法や、典型的な江戸名所が抜け落ち、あまり有名でない場所がとり上げるなど、従来の作品に見られない特徴がある。
    近年このシリーズは、定説化している「目録」での春夏秋冬による区分けや順序が、広重自身の意図ではなかったことが考えられ、版本『江戸名所図会』との関係、1855年の安政江戸地震との関連など、さまざまなアプローチで読み解きがされている。美術ファンならずとも、目をはなせない浮世絵シリーズである。

    歌川広重【うたがわひろしげ】
    1797年(寛政9)〜1857(安政6)
     幕府定火消【じょうびけし】同心安藤源右衛門の子として、江戸の八代洲【やよす】河岸(現、丸の内馬場先門辺り)の同心屋敷に生まれる。幼名は徳太郎。
     1811年(文化8)に浮世絵師の歌川豊広【とよひろ】へ入門した。風景画の絵師としての道が定まったのが、1834年(天保4)に刊行された保永堂【ほえいどう】版「東海道五拾三次【とうかいどうごじゅうさんつぎ】」である。その後、江戸や日本各地の風景画を次つぎに刊行し、名所絵師の地位を不動のものとした。1857年9月6日の明け方に亡くなった。

  • 名所江戸百景 大はしあたけの夕立
    歌川広重
    歌川広重の代表作として知られる浮世絵シリーズ。「百景」という名が付けられているが、目録などを含めて全120図の作品群である。江戸東京博物館には全図が所蔵されている。
     「名所江戸百景」は1856年(安政3)より1858年まで、下谷新黒門町(現、台東区植野)の魚屋栄吉版より刊行された。広重が亡くなったあと、2代広重が「赤坂桐畑雨中夕【あかさかきりばたけうちゅうゆう】けい」を付け加え、また梅素亭玄魚【ばいそてい げんぎょ】の図案で「目録」が作られている。この大型の揃い物は、ゴッホが模写したことでも知られる「亀戸梅屋舗」や「大はしあたけの夕立」などで、美術の教科書や、日本美術史の図鑑に、数多く取り上げられている。
     形式は大判の縦型の画面で、内容は江戸と近郊の名所の風景である。広重は江戸名所の作品を数多く制作したが、この揃い物は、名所に由来する事物を画面前面に極端に大きく描き出す手法や、典型的な江戸名所が抜け落ち、あまり有名でない場所がとり上げるなど、従来の作品に見られない特徴がある。
    近年このシリーズは、定説化している「目録」での春夏秋冬による区分けや順序が、広重自身の意図ではなかったことが考えられ、版本『江戸名所図会』との関係、1855年の安政江戸地震との関連など、さまざまなアプローチで読み解きがされている。美術ファンならずとも、目をはなせない浮世絵シリーズである。

    歌川広重【うたがわひろしげ】
    1797年(寛政9)〜1857(安政6)
     幕府定火消【じょうびけし】同心安藤源右衛門の子として、江戸の八代洲【やよす】河岸(現、丸の内馬場先門辺り)の同心屋敷に生まれる。幼名は徳太郎。
     1811年(文化8)に浮世絵師の歌川豊広【とよひろ】へ入門した。風景画の絵師としての道が定まったのが、1834年(天保4)に刊行された保永堂【ほえいどう】版「東海道五拾三次【とうかいどうごじゅうさんつぎ】」である。その後、江戸や日本各地の風景画を次つぎに刊行し、名所絵師の地位を不動のものとした。1857年9月6日の明け方に亡くなった。

  • 名所江戸百景 亀戸梅屋敷
    歌川広重
    歌川広重の代表作として知られる浮世絵シリーズ。「百景」という名が付けられているが、目録などを含めて全120図の作品群である。江戸東京博物館には全図が所蔵されている。
     「名所江戸百景」は1856年(安政3)より1858年まで、下谷新黒門町(現、台東区植野)の魚屋栄吉版より刊行された。広重が亡くなったあと、2代広重が「赤坂桐畑雨中夕【あかさかきりばたけうちゅうゆう】けい」を付け加え、また梅素亭玄魚【ばいそてい げんぎょ】の図案で「目録」が作られている。この大型の揃い物は、ゴッホが模写したことでも知られる「亀戸梅屋舗」や「大はしあたけの夕立」などで、美術の教科書や、日本美術史の図鑑に、数多く取り上げられている。
     形式は大判の縦型の画面で、内容は江戸と近郊の名所の風景である。広重は江戸名所の作品を数多く制作したが、この揃い物は、名所に由来する事物を画面前面に極端に大きく描き出す手法や、典型的な江戸名所が抜け落ち、あまり有名でない場所がとり上げるなど、従来の作品に見られない特徴がある。
    近年このシリーズは、定説化している「目録」での春夏秋冬による区分けや順序が、広重自身の意図ではなかったことが考えられ、版本『江戸名所図会』との関係、1855年の安政江戸地震との関連など、さまざまなアプローチで読み解きがされている。美術ファンならずとも、目をはなせない浮世絵シリーズである。

    歌川広重【うたがわひろしげ】
    1797年(寛政9)〜1857(安政6)
     幕府定火消【じょうびけし】同心安藤源右衛門の子として、江戸の八代洲【やよす】河岸(現、丸の内馬場先門辺り)の同心屋敷に生まれる。幼名は徳太郎。
     1811年(文化8)に浮世絵師の歌川豊広【とよひろ】へ入門した。風景画の絵師としての道が定まったのが、1834年(天保4)に刊行された保永堂【ほえいどう】版「東海道五拾三次【とうかいどうごじゅうさんつぎ】」である。その後、江戸や日本各地の風景画を次つぎに刊行し、名所絵師の地位を不動のものとした。1857年9月6日の明け方に亡くなった。

  • 名所江戸百景 日本橋江戸ばし
    歌川広重
    歌川広重の代表作として知られる浮世絵シリーズ。「百景」という名が付けられているが、目録などを含めて全120図の作品群である。江戸東京博物館には全図が所蔵されている。
     「名所江戸百景」は1856年(安政3)より1858年まで、下谷新黒門町(現、台東区植野)の魚屋栄吉版より刊行された。広重が亡くなったあと、2代広重が「赤坂桐畑雨中夕【あかさかきりばたけうちゅうゆう】けい」を付け加え、また梅素亭玄魚【ばいそてい げんぎょ】の図案で「目録」が作られている。この大型の揃い物は、ゴッホが模写したことでも知られる「亀戸梅屋舗」や「大はしあたけの夕立」などで、美術の教科書や、日本美術史の図鑑に、数多く取り上げられている。
     形式は大判の縦型の画面で、内容は江戸と近郊の名所の風景である。広重は江戸名所の作品を数多く制作したが、この揃い物は、名所に由来する事物を画面前面に極端に大きく描き出す手法や、典型的な江戸名所が抜け落ち、あまり有名でない場所がとり上げるなど、従来の作品に見られない特徴がある。
    近年このシリーズは、定説化している「目録」での春夏秋冬による区分けや順序が、広重自身の意図ではなかったことが考えられ、版本『江戸名所図会』との関係、1855年の安政江戸地震との関連など、さまざまなアプローチで読み解きがされている。美術ファンならずとも、目をはなせない浮世絵シリーズである。

    歌川広重【うたがわひろしげ】
    1797年(寛政9)〜1857(安政6)
     幕府定火消【じょうびけし】同心安藤源右衛門の子として、江戸の八代洲【やよす】河岸(現、丸の内馬場先門辺り)の同心屋敷に生まれる。幼名は徳太郎。
     1811年(文化8)に浮世絵師の歌川豊広【とよひろ】へ入門した。風景画の絵師としての道が定まったのが、1834年(天保4)に刊行された保永堂【ほえいどう】版「東海道五拾三次【とうかいどうごじゅうさんつぎ】」である。その後、江戸や日本各地の風景画を次つぎに刊行し、名所絵師の地位を不動のものとした。1857年9月6日の明け方に亡くなった。

ページTOPへ▲